« かつお節(荒節) | トップページ | 使い回し・・・ »

2017年7月 3日 (月)

かつお節(荒節)part2

真竹湯豆腐に

Arabushi07

どんこと真竹のあっさり煮

Arabushi08

かつお節焼き飯。白飯をバターと塩コショウで炒めて鰹節を放り込み、最後に醤油数滴垂らしただけです。鰹節がバターと相性が良いのにびっくりしました。おいしいです。おすすめ。

Arabusi_chahan


|

« かつお節(荒節) | トップページ | 使い回し・・・ »

コメント

鰹節焼き飯、美味しそう。でもこれは荒節削りたてだから
美味しいのですね。市販の袋詰めのでは、モサモサして
味もなかろうなあと作るの諦めました。
 椎茸はどんこがやっぱり一番。常備してよく使います。
そうそう、ところ変われば・・・婿の実家に「どんこ」送りましたら、おかあさんが「どんな風に使うのか」って。
「椎茸」はどこでも使っているから最高の「どんこ」選んで送ったんだけど。婿はどんこ苦手。育つときに食べていないからでしょうね。お雑煮は元旦は茨城風。二日目は博多風と両方の実家のお雑煮、娘は作っていますが。

海老蔵さん、心労並ではないと思います。江戸歌舞伎の市川宗家は「歌舞伎そのもの」のお家柄、それを背負って
行かねばならないだけでも大変なのに・・・。
「姉婿直し」って、夫が亡くなったらその兄弟と、あるいはその逆の…。戦中・戦後はそういう例が多かったと聞きます。それで亡くなったと思っていた夫が復員して来たりしてという悲劇も。
実は私も海老蔵さん、子供たちがなついているし・・・
瞬間的にそう思ったんです。昔なら女中さんとかお手伝いさんとか子供の世話する乳母のような人が梨園の家には
いたのですが。男手で子育てしながら市川宗家を継いでいく。それでなくても今の海老蔵さん、ストイックで頬がそげています(5月歌舞伎座で観ました)
 八千代座はなかなか風情のある芝居小屋ですよ。
奥様、行きんしゃったらよか。

投稿: ととろ | 2017年7月 4日 (火) 08時34分

鰹節焼き飯二度目三度目と定番になりつつありますよ。荒節はやろうと思えば小さめの包丁でも削れますし、長いものを出刃で半分に断ち切って削り始めたりもします。それと、あまりしっとり感はありませんが厚削り節もスーパーによっては売ってたりもします。機会がありましたらどうぞ~。

干し椎茸で出汁とったり、そのものを賞味したりなんてのは全国的なものと思っていましたが「所変われば」なんですね。まぁたしかに面倒ちゃ面倒ですもんね。勉強になります。

うちの人は「でべそ」やけん足さえ(運転できんので交通の便)確保できたら、同級生やら近所の知り合いやらと外国でも行く人です。たぶん八千代座も誰か探して出かけるっちゃなかでしょうか。「風情のある芝居小屋という情報」聞かせたら即断かもしれません。ありがとうございます。

投稿: MISTAKER | 2017年7月 4日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65467042

この記事へのトラックバック一覧です: かつお節(荒節)part2:

« かつお節(荒節) | トップページ | 使い回し・・・ »