« 2017京都食べ歩きツアー初日。 | トップページ | 2017京都食べ歩きツアー最終日 »

2017年7月31日 (月)

2017京都食べ歩きツアー二日目

二日目の朝。これも京都での定番の志津屋(SIZUYA)のビーフカツサンドが朝ごはん。カツサンドというとトンカツサンドが普通ですが、こちらではビーフカツが主流。京都人は豚より牛肉好きだそうですね。

Shizuya01

朝食後、俵屋宗達の板戸絵がある「養源院」「国立博物館」を見学したあと、昼食予約の「菊乃井本店」付近をぶらぶら。「八坂庚申堂」で孫への土産。指猿《ゆびざる》という指先が器用になるという縁起物と土鈴。食べ物ではありません。

Yasakakoshindo01

時間が余っていたので、順路をひっくり返して「原了郭本店」で黒七味他を購入。

Hararyokaku01

こしょう入れの木箱がおしゃれです。

次がお待ちかねの「菊乃井本店」。五ヶ月近くまえから予約していましたら、その間に「無碍山房」というお昼と甘味の専門店が新築併設され、そちらへ案内されました。

Kikunoi01

Kikunoi08

Kikunoi02

Kikunoi03

Kikunoi04

見るからにおしゃれです。

店舗のしつらえや庭の長めをしばし楽しんでいましたら、時雨飯弁当が配膳されました。こまかく見ていきましょう。

Kikunoi05_2

鯛と太刀魚の皮霜(わさびと醤油ジュレ)。最近どうも料理の世界では「醤油ジュレ」が流行っているようです。枝豆豆腐にぶどうの実の甘だれ。

Kikunoi06

細々としたものがたくさんですが、これがまた一品一品に丁寧な味つけがしてあり感心させられました。
個人的には出汁を利かせた(出汁そのものを楽しむような)「瓢亭」の弁当とはずいぶん違う感じがして面白かったです。菊乃井の方が手が込んでいて酒肴としての楽しみが多い気がしました。

Kikunoi07_3

左からしょうが御飯。鯛の胡麻和え。冬瓜とえびしんじょの吸い物。

まんぞくまんぞく・・・でありました。

菊乃井の後、京阪電鉄で宇治へ行き、宇治上神社・平等院をまわってきました。宇治では福寿園か中村藤吉商店で甘味を・・・と計画していましたが客多すぎで予定変更。宇治からは伏見稲荷神社の予定でしたが、JRに乗ったとたんにジャジャ降り。お稲荷さんも飛ばして京都駅経由で四条まで帰着。

夕食は「天天有」のラーメン。アサヒドライしか置いてなかったので評価ゼロ。三日目へ続きます。

|

« 2017京都食べ歩きツアー初日。 | トップページ | 2017京都食べ歩きツアー最終日 »

コメント

お早うございます。京都美味食べ歩き、さすがですね。
どれをみても「わあ、素敵!きれい!こまやか!」
 私は奈良は何度か訪れる機会があったのですが、
京都は恥ずかしながら・・・二回しか。
 ごく普通の京都旅でしたので、美味しい処訪ねて
ということはありませんでした。
 私のような素人は、こんなお店には行けないかでしょうが。憧れのまなざしで画像眺めております。

投稿: ととろ | 2017年8月 1日 (火) 09時16分

自分たちの旅行はツアー会社丸抱えの場合もありますが、関西の場合は新幹線の切符とホテルだけ「格安:人に話すのが恥ずかしいくらい安いです」で押さえてもらって、観光先食事先はほとんど自分で組みます。そのプランを考えるのが楽しくてとても好きな時間です。

食事については、どの旅行でも一回だけはお昼に(夜は料金的にも時間的にも厳しい)一流店と評判のお店を(必ず予約して)訪れることにしています。朝食含め「行き当たりばったり」はないんですよ。ある程度の慣れと土地勘があるので、どの日のどの時間に「あの店」を組み入れることができてるようです。

ただ、もう二~三年もすると、なにもかもおまかせの高級高価なプランを選びだすかもしれません。西日本新聞旅行社がよく関西のミシュラン一流店と都踊りやお茶屋遊び、あるいはそれこそ南座顔見世なんぞと組み合わせた魅力的なツアーをけっこう企画しているようです。自分の足で探し歩かないので「楽やろな~」とは思います。これも一つの手ですね。

投稿: MISTAKER | 2017年8月 1日 (火) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65562576

この記事へのトラックバック一覧です: 2017京都食べ歩きツアー二日目:

« 2017京都食べ歩きツアー初日。 | トップページ | 2017京都食べ歩きツアー最終日 »