« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

かて飯part2

おっと、続きを書くとを忘れとりました。大慌てで炊き込みます。

肝心かなめの「かしわごはん」。

Kashiwameshi_2

鶏肉はすこし多めに買っていたので、「親子丼」用にも取り置きしています。

Oyakodon_stock

次は鯛めし。鯛といっても小鯛の干物(自家製)を焼いて混ぜ込んだだけです。

Taimeshi

シンプルにあっさりと・・・真竹ご飯。

Madake_takikomi

意外と珍しいかもの・・・しょうが飯。

Syoga02

なにか忘れていたら、また後で追加させてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

かて飯

「へっぱくBLOG」の方で「かて飯=炊き込みごはん」のことを書いたので、いくつかご案内。

まずは普通に栗ごはん。

Akinogohan01

栗赤飯。

Kurigohan_2

イカ飯。

Ikameshi01

イカもいいけどたこ飯もね。

Jidako04


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

とりとめもなく・・・酒の肴

行き当たりばったり、おもいつくままに何品か・・・。

荒節をひさしぶりに見つけたので仕入れました。レガネットで一本八百円くらい。お安くても贅沢品という感じがするとは何故でしょうね。削るという一手間をかけるからでしょうか。
荒節と違って、本枯れ節は削るとがオオゴトやし、味も自分はこっちが好いとるとです。

Kezuribusi01

冷奴。

Kezuribusi02

一手間といえば、こちらは二手間ほどかけた「つまみ」です。普通にすきやき。

Sukiyaki_soboro01

昨夜の食べ残しの肉(味はしみついています)をかき集めて、細かく刻んで、生姜・味噌・砂糖と一緒に、

Sukiyaki_soboro02

炒りあげて「すきやきふりかけ」。はい完成。冷えると箸でほぐれます。

Sukiyaki_soboro03

同じ要領で上の削り節をつかって「ねぎ味噌」なんてのもいいですね。これまた久しぶりに作ってみましょうか。

で、追記。「ねぎ味噌」です。白ネギ、鰹節、味噌、刻みしょうが

Negimiso01

を混ぜ合わせて、みりんと酒でゆるめるだけ出来上がりです。

Negimiso02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

またまたヒラス

大丸地下エルガーラの魚屋「北辰」はいつもいいヒラス(ヒラマサ)を置いています。

Nimono01

同日に買った「イカ塩辛」を添えてみました。右はマグロのつみれと椎茸白ネギの煮物。

翌日朝の塩辛茶漬け。

Siokara01

これはまた別の日に仕入れた、なんと17kgもあったという大物ヒラスの一番おいしいところ(個人的見解)のカマ下(横?)部分。同じ腹身トロでもブリトロとは段違いのおいしさです。。

17hirasu01

これがどのくらいの大きさかというと・・・背と腹身の半分に切り離しても・・・

17hirasu02

鰹たたきと比べてもすごい大きさです。どちらも青物香味野菜とニンニク生姜でポン酢でいただきました。写真は夕食ですが、我慢できなくて

17hirasu03

つい、つまみ食い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »