2018年10月15日 (月)

またまた京都・・・最終日

三日目最終日の朝です。ホテルチェックアウトは12時なので、荷物を置いたまま徒歩で出発。まずは朝食。これも京都定番の進々堂御池店。

Shinshin01

Shinshin02

Shinshin03

ラクエ四条店や三条店にくらべるとずいぶんゆっくりな感じでした。

スクランブルエッグセットとチーズパンセット。

Shinshin05

Shinshin04

朝食が終わって、近所の(昨夕のぞいたにもかかわらず撮り忘れた)ヘンケル(洋包丁)店をパチリ。

Hocyo01

これまたご近所の本能寺。

Honoji01

Honoji03

Honoji02

ここから地下鉄で二条城まで。

Nijyojyo01

Nijyojyo02

Nijyojyo04

お城からホテルに戻ってチェックアウト後、地下鉄で京都駅。手荷物預けて再び三条四条へ。

錦市場の有次で八寸の柳刃と薄刃(両刃)包丁を二本購入。手持ちの新天町豊勝製や関孫六製の包丁が有次に取って代わられ引退を余儀なくされております。ははは。

Hocyo06

右のがヘンケル洋包丁のカタログ。なんとなく手にするのが恥ずかしくなるようなデザインが多かったです。もちろん個人的感覚ですけどね。

まだ昼食まで時間があったので、村上重で漬物を二袋ほど買ったり

Murajyu01

高瀬川沿いや(京都にしては通りが汚い)木屋町あたりをぶらついて時間つぶし。

今回唯一の和食店。お目当ての菊乃井露菴。

Roan01

Roan02

Roan03

Roan__5

食前酒

Roan07

最初に虫籠が出てきてびっくり。虫籠をよっく見ると、それは精巧な組み立てで二重にびっくり。

Roan05

中身は焼き栗・ぎんなん・うるか・かます寿司など。上に乗っている「松葉」は茶を練り込んだ素麺と海苔製とか。楽しませてくれます。

Roan06

刺身は明石鯛と酢ジュレを挟んだ鰆

Roan19

中身を撮り忘れたので、お詫びにこんなものでもどうぞ~。明石鯛の骨によくあるというコブ。

Roan__2

このへんで、ふと思いついて「有次包丁」の話を振ってみると、板前さんたちが乗って来てくれていろんなことを教えてくれました。カウンター割烹のいいところです。多謝。

Hocyo04

Roan__4

ふたたび料理。鱧と松茸。

Roan08

ここまででエビス生とラガー中瓶を飲み干していたので、今度は冷酒。

Roan09

Roan10

Roan11

子持ち鮎

Roan12

この鮎を小皿の盛ってくれた(たぶん見習い)板前さんが遣っていた箸がなんと!手削り自製の栗はい箸。

Kurihaibashi

すぐに調理場に下がってしまったので、「なぜ京都で栗はい箸か」詳しく聞けなかったのが残念の一言。その理由は推理するしかないんですが、こんな感じでしょうか。

1:博多出身のお兄さん。
2:板場では包丁はもちろん小刀で青竹串を削ったりと、いろんな細工修行をするようなのでその一環。
3:栗箸は持ちにくいし扱いにくいので箸遣いの勉強になる。
4:鮎と栗という季節ものの取り合わせの妙・・・を狙った。

料理は続きます。口直し。

Roan13

ぐじの葛たたき

Roan14

頭料理や骨付き魚が出てくると、こういうところで魚好きの度合いや箸遣いの差が如実にあらわれるんですよね。

相方の椀

Roan16

食べ散らかしが怖かったのか、これでおしまい。お上品かもしらんけど造った人には失礼。では、私めはというと、完食。見事でしょ。食い意地が張ってるだけかもしれませんが。

Roan15

(客毎の)釜炊き栗ご飯。

Roan17

実は、あの皮むき甘栗を使っているそうです。季節もの本物の栗を使うより簡単に出汁がでておいしいのだとか。デザート。チョコとプリン。

Roan18

釜ごはんの残りはおもたせにしてくれました。

Roan20

以上でございます。

早めに駅に戻って荷物を整理したりベンチで休憩したりしたあと新幹線で帰宅。

おまけ。帰って一週間もしないうちに、今度は大阪にでも行ってみようかという話になり、とりあえず来年二月の三連休の宿と切符を予約。懲りないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

またまた京都・・・二日目

朝食は京都ツアー定番のSIZUYAの牛カツサンド。今回は前夜買い置き分でなく、早朝歩きで地下鉄烏丸御池駅店で買ってきました。コーヒーはローソン。

Shizuya10

ゆっくり食べてのんびり飲んで出発は八時過ぎ。ホテルは連泊ですから荷物なし。気楽なもんです。

バスで修学院離宮前まで。見学申し込みをぜんぶインターネットでできるようになったので、これも楽ちん。ただ入場時に身分証明書が必要です。また、これは秘密ですが(でもないか)見学者一行の後ろに皇宮警察官の見張りがつきます。まぁ当たり前でしょうね。

では離宮内をずらずらっと。

Syugakuin01

Syugakuin02

Syugakuin09

Syugakuin03

Syugakuin04

Syugakuin05

Syugakuin06

Syugakuin07

あらためて、宮内庁管理という証拠をば。

Syugakuin08

桂離宮は建物に風情があり、修学院は園庭に趣がありました。

次なる目的地は未踏の比叡山。
叡山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイを乗り継いで山頂の延暦寺行きです。忙しいいそがしい。

ケーブルカーのすれ違い

Yaseeki01

こんなところを登ってきて

Hieizan01

着きました。

Yaseeki02

延暦寺

Hieizan02

Hieizan03

Hieizan04

ただ肝心の根本中堂が全面改築中で、延暦寺そのものは観るべきものが少なかった印象でした。

ただ景色はよかったし、

Hieizan05

滋賀県に実際に足を踏み入れたのは50年ぶりくらいだったので、比叡山行きはとりあえず「良し」としておきましょう。

帰りは比叡山から逆コースで下りて叡山電車で出町柳駅まで。ここから恒例の甘い物漁りです。

まずは、はじめての「大黒屋鎌餅本舗」。こじんまりとして落ち着いた雰囲気の和菓子屋さん。

Daikoku01

Daikoku02

鎌餅と丁稚羊羹を仕入れました(夜食用)。

続いて、こんどはおなじみの(三回目)「出町ふたば」で豆餅買い。自分は博多では絶対といっていいほど、どんな行列にも並ぶようなことはしないんですが、ここだけは別。15分ほど待ちましたか。

Futaba03

Futaba02

「ふたば」では、豆餅と栗餅をゲット。これもおやつ・夜食用です。

ホテル帰着。夕食前にさっそく・・・、遅いおやつ。同行人は鎌餅でお茶。

Daikoku03

私めは豆餅で一缶。

Futaba01

夕食は京都ではじめてかも・・・のスペイン料理。「パエリア&グリル バラッカ」。

Barraca01

京都の店の特徴で、間口は狭いが中は広い・・・というお店。

Barraca02

Barraca03

料理を並べてみましょう。

生落花生とからあげのお通し(代金に含まれてない?ビールの添え物?未確認)

Barraca04

スペイン産ハムとチーズの盛り合わせ

Barraca05

本日の盛り合わせ。

Barraca06

自家製というアグー豚のハムはかなり上等でした。ほうれん草のオムレツもグー。ただし北海道サンマのマリネに生臭さが残っていてかなりのマイナス点。残念。

魚介の下処理がこんななら、もしかするとパエリアも注文失敗かと心配しましたが、とりあえずこちらは問題なし。やれやれ。

Barraca09

大山鶏のグリルとししとう。ビネガーソース。

Barraca08

おっと、肝心のビールでございます。小瓶ですが三本飲み干しました。

Barraca07

おごっそうさん。食べ残しの「出町ふたば」の豆餅は夜中に起きて缶チューハイで完食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

またまた京都・・・一日目

今年二回目の京都ツアーです。まずは初日。

2月の訪問時に食べそこねた名物餅の敵討ちに再び北野天満宮前の「粟餅所澤屋」へ直行(食い物の恨みは恐ろしい)。

ところが昼食予定のお隣りにあるやはり人気店の「とようけ茶屋」に行列ができはじめていたので、こちらで先に腹ごしらえ。菓子は後でも別腹ですから・・・な~んて。

「とようけ茶屋」は豆腐屋さん。一階で造って二階三階でお食事どうぞ~というお店です。店頭模様。

Toyouke01

Toyouke02

こうしたお店ですから、時間を置かずに豆腐をおかずとしてを食べられます。ヘボなシャレ。

湯豆腐定食。

Toyouke04

冷奴定食。どちらもお豆腐尽くしという奴(やつ)です・・・とまたまたダジャレ。

Toyouke03

食後の腹ごなしにご近所を散策。

京都の五花街《ごかがい》のうち、いちばん古いとされる花街《はなまち》の上七軒へ。上七軒のの読みは博多と同じく「し」と「ひ」が訛り混同して「かみひちけん」です。

写真は上七軒歌舞練場。夏場はビアガーデンになり、舞妓さんがお接待してくれるそうです。

Kamihichiken02

お茶屋街

Kamihichiken04

Kamihichiken03

ついでに(と言うと罰かぶるかも)天満宮さんにも通算三度目のお参り。

Kitanotenma

いざ!粟餅所澤屋!

Sawaya01

黄粉は香ばしく餡は上品な甘さでした。

Sawaya02

次は御室仁和寺へ。市バスと地下鉄の一日乗車券を持っていたんですが、話の種にと、わざわざ嵐電の切符を買って乗車。

Randen

仁和寺

Ninnaji01

立派な阿吽の仁王様

Ninnaji02

Ninnaji03

これぞ真の御室流

Ninnaji04

Ninnaji05

Ninnaji07

仁王門の裏の獰猛な狛犬?さんに見送られて

Ninnaji08

Ninnaji09

きぬかけの路を歩いて龍安寺へ。

Ryoanji01

Ryoanji02

ま、正直、龍安寺の石庭の「よさ」はわかりません。

続いて西陣織会館へ。

Nisijin01

着物ショーが行われていました。モデルさん、みんな背が高すぎ。背が低い女性が着ると「ズンダレルっちゃないかいな」と余計な心配。

Nisijin02

Nisijin03

ピンぼけご容赦。

Nisijin05

手描き友禅の実演。

Nisijin04

十分に楽しめました。入場料金は不要。

西陣から祇園へ向かいます。

Iyasaka00

次は入場料が必要な祇園の弥栄会館(ギオンコーナー)。

Iyasaka000

テレビなどではなじみがあっても実際に接することが少ない日本の伝統的所作や芸事にまとめて体験させてもらおうという算段。見学者は八割が欧米人で残り二割が東南アジア系のお客さんという感じ。日本人は他にいなかったのかも・・・物好き=自分。
関空事故がなければ、たぶんこの比率は逆転していたことでしょう。街中の風景もも2月と比べるとずいぶん違って見えました。

お茶

Iyasaka01_2

琴と生花

Iyasaka02

雅楽

Iyasaka03

狂言

Iyasaka04

舞妓さんの京舞

Iyasaka05

最後は文楽

Iyasaka06

では、いよいよお目当ての夕食。レトロ東華菜館。

Toka01

建物施設のレトロっぷりがすごいです。見応えあります。

Toka13

日本最古のエレベーターとか。

Toka14

川床《かわゆか》席を予約していました。じつは、京都の河川敷に設けられた席はすべて川床《かわどこ》と思っていましたが、貴船が川床(とこ)で鴨川は川床《ゆか》とのこと。ひとつ賢くなりました。

Toka02

では北京料理をずらずらっと。前菜。

Toka03

揚物二種。春巻がGOOD!

Toka04

カニ・フカヒレスープ

Toka05

海鮮炒め

Toka06

大海老チリソース

Toka07

トンポーロー

Toka08

焼豚の中華まん包み

Toka09

水餃子

Toka10

デザートの揚団子

Toka11

〆は杏仁豆腐

Toka12

プランとおりの京都の初日でした。

あ、いや、亀屋則克の期間限定「浜土産《はまづと》」が一週間遅れで買い損ねたのが唯一の失敗の巻。再訪の理由ができたと考えておきましょうか。

Kameya_nori

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

初出(新規開発)?メニュー

:牛肉牛蒡白ネギ厚揚げすき焼き風

Gobou_sukiyaki

海老春雨オリーブオイルビネガー

Ebiharusamenamuru

鯛刺身・茹で鯛と茹で海老・オリーブオイルソース

Tai_sashimi

牛肉もやし炒め(菅乃屋風マスタード入り&大分風おろしポン酢かけ)

Nikumoyasi

自作コロッケ・フランクフルト・焼きチーズ

Gyupoteto02

残りコロッケの具で正真正銘のコロッケ・冷凍エビフライ

Gyupoteto03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

ある一週間の献立

2018/08/20mon:ちゃんぽん・餃子

Cyanpon

2018/08/21tue:回鍋肉・餃子

Hoikourou

2018/08/22wed:麻婆豆腐・豚汁

Mabodoufu

中華が続いたので魚。

2018/08/23thu:鯛刺身・あら炊き・だぶ

Dabu01

2018/08/24fry:牡蠣アヒージョ・鶏と白ネギ塩焼きスパ

写真撮り忘れ。

2018/08/25sat:小倉アイリッシュバブ・ブーティーズ

こちらの画像は北九州観劇ツアー編でよろしくどうぞ。

2018/08/26sun:鰤牛蒡白ネギ甘醤油煮・鰤刺身・豚汁

Buriterini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

「だぶ」と「そうめんちり」

博多vs糸島郷土料理対決をいたしましょう。

まずは「だぶ」。

Dabu02_2

はやい話が「がめ煮(筑前煮)」の材料の残り切れ端でつくる「つゆだくがめ煮」。ふつうの「つゆ」もあれば、葛溶きの「つゆ」もあるようです。
基本的には「だぶ」を博多郷土料理のひとつで同じく行事食やお客様用とする説もあるとですが、個人的には「まかない食」やなかったろうか・・・と考えています。

佐賀や北九州でも作られているようなので、北部九州全体の地方食という方が正解かもです。

料理名の由来は「洋服が大きすぎてだぶだぶ」の、あの「だぶ」です。辞書的には「だぶ=水の動く音(広辞苑)」「だぶだぶ=容器などに豊富にある液体が揺れ動くさま(大辞林)」とされとります。一応は「つゆだく」で正解のようです。

また、鶏肉なしの精進料理に使われたから南無阿弥陀仏の「陀仏」が語源という人も居んしゃるごたりますが、もし陀仏が語源なら「どんたく」やら「山笠」のお祭り用ハレの日用の炊き出しにゃ使えんめーもん・・・です。こういうダジャレ語源でいいなら、自分もひとつ。同じ材料でがめ煮とだぶの両方ができるけん「W(だぶる)」の「だぶ」・・・なーんてくさ。

次は糸島の「そうめんちり」。

Somenchiri

すきやき風の鶏煮(が乗った)素麺。家庭によってはつけ麺風と普通の煮麺風があるようで、砂糖(ザラメ?三温糖?)をたっぷり使った甘い伝統料理というところでしょうか。時代によっては砂糖ともども「鶏《かしわ》」も贅沢品の代表選手みたいなものですから、両方合わせて「豪華&おめでたか」行事食だったというわけでしょうね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

北九州観劇ツアー?!

北九州芸術劇場での二兎社公演「ザ・空気ver.2誰も書いてはならぬ」を観るために小倉行きです。

お昼すぎの新幹線。

Kokura01

公演は午後六時からなのでいろいろ時間つぶし。

Kokura02

まずは北九州の「焼きうどん」発祥の店といわれる「だるま堂」

Kokura03

(たぶん八十歳半ばの)おばあちゃん一人で切り盛りしてありました。

Kokura04

戦後直後の代用食として作られたらしいのですが、なんとなくそのまま当時の味と量が引き継がれているような気がしました。正直なところ、MISTAKER流の焼きうどん(30年以上前の岩田屋地下の焼きうどんの真似)の方がうまいんですが、「なるほど当時はこうしたものを食べていたのか」と、これはこれでいい経験だと思えました。あと、もうひとつの収穫は乾麺製ということ。もともとの乾麺を茹でて作ると麺の延びが少なくて済むのはたしかに利点です。

市内をそうつきまわります。旦過市場。

Kokura05

名物「ぬかだき」屋さん。

Kokura06

モノレールに乗って

Kokura07

どこへ向かったかというと小倉競馬。ははは。

Kokura08

もう十数年ギャンプルしてないので、自動発券機の使い方がわからず馬券は買えませんでした。当てっぽすで単勝とれとったとですがね、ざーんねん。

またモノレールで戻って、小倉城。

Kokura09

いざ北九州芸術劇場へ。

Zakuki05

Zakuki01

Zakuki03

安田成美と(個人的に好きな)松尾貴史以外は知りませんでしたが、テレビ通の家人によれば皆さんよく見る顔だそうでした。

作・演出の永井さんのこの新作は西日本新聞だけでなく朝日やいろんなメディアでとりあげられていました。

「よくぞ、こういうテーマで!」と作者さんに敬意を表し、かつビデオフリークとしても見逃すわけにはいかないので、「前作」dvdをゲット。ありがたいことに、永井さんからサインをいただけました。

Zakuki04

観劇後は食事。最初は小倉駅のアミュプラザで・・・と考えていたんですが、北九州芸術劇場の近くに「聘珍樓」があるのに気がついて立ち寄り。ところがどっこい、夜コースで一人前8000円~やと。観劇チケットより食事が高いのはさすがに罰かぶりやろ!失礼やろ!と退散。
やっぱり駅でか・・・と少々歩いたところで今度はアイリッシュバブ発見。速攻突入。

Booties09

ギネスの樽生。

Booties02

キッチュ

Booties03

ふぐのフライとポテト

Booties04

ローストビーフサラダ

Booties05

ビールのおかわり。キルケニー。

Booties06

牛すじのギネス煮込み

Booties07

四種チーズピザ

Booties08

以上、観劇も食事もまんぞくまんぞくの一日でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

お盆の宴会?!

お盆15日昼、お坊さんが読経に来るのに合わせて家族全員集合。

Zenin_syugo

お経のあと、しばらくお絵かきや工作で遊んだあと早めの食事宴会。いくらお盆だとはいっても精進ではございません。ばりばりの殺生料理・・・ははは。

岩田屋「博多魚がし」の刺し身盛り。単品々々の刺し身の場合はエルガーラの「北辰」で買うことが多いんですが、盛り合わせは「魚がし」の方が上手な感じがしています。

Hakata_uogashi

弁当は「老松」。大人用。

Oimatsu01

子供用の方が彩りがきれいでした。

Oimatsu02

差し入れの「努努鶏《ゆめゆめどり》」。

Yumeyumedori

自分で釣って自分で開いて干しあげた「キス干物」。

2018kiss06

夕方からは孫たちの楽しみ花火大会?それから最後に精霊流しで散開。

Bonokuri

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

鱧すり身

岩田屋地下「博多魚がし」に珍しくハモのすり身が売っていたので購入。

京都の料亭がよくやる「鱧の葛うち」をすり身で真似てみることに。

Hamo01

団子に葛をまぶして

Hamo02

茹であげて・・・

Hamo03

椀種にしたいところですが、荒節削りや海老などと一緒に冷素麺の具。

Hamo06

残りのすり身は玉ねぎと混ぜ合わせて揚げ天に

Hamo04

はい、いただきます。黒っぽい方は鰯のつみれ団子。

Hamo05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

一週間の献立(07/30~)

毎日の晩ごはんメニューを写真とともに一週間分

2018/07/30mon:鶏胸肉コンソメ煮・棒々鶏ソースとアラビアータソース

Yudedori

2018/07/31tue:茹で牛肉・キャベツ(白ワイン・砂糖・酢・ホタテダシスープ)添え

Yudeniku_namuru

2018/08/01wed:花火大会小宴(家康焼鳥・サンド・揚物・ローストビーフ他)
長男宅(マンション屋上から花火が見える)での小宴。家康焼鳥を差し入れ。写真なし。

2018/08/02thu:フランクフルト・ジャーマンポテト・キャベツ(赤ワイン砂糖酢煮)添え

German_potato

2018/08/03fry:塩鯖みりん醤油焼き・とろろ汁・大根玉ねぎの豚汁

Siosaba_mirin01

2018/08/04sat:豚スペアリブ塩焼・冷凍(エビフライ・枝豆ナゲット・チーズパン)

Spareribs

2018/08/05sun:海老チラシ寿司・海老きゅうり春雨三杯酢

Ebihirasi

こんな一週間でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«続自製ソース&トマトソース編