« 2019年11月 | トップページ

2019年12月

2019年12月29日 (日)

只今ネタ切れ中

博多弁同様糸島弁も古い消滅語などを除いて、ふだん聞いている言葉はだいたい収録済みやなかろうか・・・ということでしばらくブログ休止させていただきます。新しい発見がありましたらまた書かせていただきます。

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

さましか

糸島弁シリーズ三百八十三。さましか。

『けやまちぁ あんほらあなと かいすいよくじょういがいな さましかとこばっかし』『いやいや うちゃー くろいそから ひやまんまでの かいがんべたは たいがい きれいか おもうばい』「芥屋は芥屋の大門の洞窟と海水浴場以外はなんてことないつまらないところばかりだよ」「いやいや、黒磯海岸から火山までの海岸線は相当にきれいだと思うよ」

【さましか】なんてこもない、つまらない事や様子。意味としても用語方法もなんとも微妙な表現のように思えます。言葉の由来は「さみしい」「さもしい」どちらの意味も含まれているようですし、「様《ざま》ない=さまない」の可能性もありませんかね。むずかしかです。

写真は火山から大門までの海岸線。きれいかでしょうが・・・。

Hiyama

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

さごと

糸島弁シリーズ三百八十二。さごと。

『いとしまん ちめいな かんこく ちょうせんの えいきょう うけとるやらいうたー まったくの さごとでん なかごたるな』「糸島の地名は韓国や朝鮮の影響受けているなんてのはまったくの作り話でもないようだね」

【さごと】嘘。作り話。虚言。空言。「さーごと」とも言うごたりますね。博多は基本的に「すらごと」「そらごつ」やったけん、最初「さごと」て聞いたときは一瞬意味がわからんかったです。言葉の由来は「すらごと」の訛りか、直接的に詐術の詐言《さごと》とも考えられます。

ちなみに「如意(ねおい)の由来は朝鮮語か」というとを以前こちらに書いとります。

Gwan_eum_20191215204401

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

こじける

糸島弁シリーズ三百八十一。こじける。
『よあけまえい いちじかんばかし あるきよっちゃけど さすがい このごろな こじけるごたって てぶくろいっちょじゃ たらんごたる』「夜明け前に一時間ほど歩いているんだけど、さすがにこの頃は凍えるようで手袋一枚では足りない感じだよ」

【こじける】凍える・かじかむ・弱ること。こじける・かじけるとも言います。漢字を当てると「悴る」と書きます。憔悴《しょうすい》するの下の字ですね。古語的には「かじける《悴る》」が本筋で、「こじける」が方言的扱いになっています。

どちらももぅ消滅語化死語化していますね。個人的には人間でなく猫が弱った状態を「こじけ猫」「かじけ猫」と表現しよりました。

Ie0104

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

ていしょう

糸島弁シリーズ三百八十。ていしょう。

『じぶんの ごたる ていしょうされが こげな はれがましかとこで あいさつさせて もらうやら もうしわけ のーてですね・・・・』「自分のような甲斐性なしがこんな晴れがましいところで乾杯の音頭とらせてもらうなんて、申し訳なくてですね・・・ぐずぐず・・・」

このぐずぐずと、話が長いとこが嫌われるとです。ご用心ご用心。

【ていしょう】基本的に否定的な意味で使われて、甲斐性なし。一人前でない人をいうごたります。博多では「げいしょうもかなわん」「げいしょうもなか」なので、いかにも言葉の由来が「甲斐性」らしくてわかりやすいとですが、糸島では「ていしょう」なんですね。これは語源がわかりません。体裁《ていさい》とか体たらく《ていたらく》の「体《てい》」が関係しとるとでしょうか。

糸島での宴会の乾杯は普通はどげな酒が使われるとでしょうかね。こげなと?

使いまわし写真ですが、白糸?

Hanegisibori

杉能舎?

Suginoya_beer_20191201121601

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ