« みもえ | トップページ | こわか »

2019年10月28日 (月)

はぜらかし

糸島弁シリーズ三百七十五。はぜらかし。

『のぎたん ばばしゃんに こんだあ はぜらかしば もってきちゃんしゃいて たのんどーばって どげんやろか』「野北からの行商のおばあちゃんに今度おばいけを持って来てねと頼んでいるけどどうかしら」

【はぜらかし】これまた当地方言のおばいけのこと。共通語的には鯨の脂皮でさらし鯨のこと。脂皮を茹でさらした食品。

ちなみに、「野北の婆しゃん」は博多の「おしかさん」と並び称される女行商人のこと。

写真は「おばいけ」と「せんぶきまげ(わけぎ)」のぬたえ(酢味噌和え)。

Obaike

 

|

« みもえ | トップページ | こわか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みもえ | トップページ | こわか »