« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月24日 (月)

きりこなぐる

糸島弁シリーズ三百五十九。きりこなぐる。

『なして また こげん しんぶんしば きりこなぐっとるとや』『がっこうの しゅくだいやら いうとりましたよ』「なんでまたこんなに新聞紙を切り散らかしているの」「学校の宿題とか言ってましたよ」

【きりこなぐる】切り刻んで散らかること。小さく切り散らかす。「きりこ」=切り粉?切り小?で、「なぐる」=なげやり=なげだすこと・・・でよかとやろかな。

先週の唐箕つくったときの切りかすです。

Kirikonaguru

ついでに、唐箕にしろ手箕にしろ風選分別することを「ちりたて《塵立て》」ともいうごたります。
もひとつついで。「
箕」の字には「ちりとり」の意味があるげなです(漢語林)。なかなか奥が深かですね。

| | コメント (2)

2019年6月17日 (月)

とうみさき

糸島弁シリーズ三百五十八。とうみさき。

『ことしゃ たいがい できのわるーて とうみさきな しいな ばっかし』「今年はずいぶんと出来が悪くて唐箕先には実のない籾殻ばっかしだよ」

【とうみさき】唐箕先。唐箕で吹き飛ばされたゴミや粃のこと。

【とうみ】唐箕。手動の風選機。手箕「《てみ・てみい》=手籠・笊・しょうけ」で足りるとこもありゃ、庄屋や本家で唐箕使わせてもらわないかん広か田んぼ持ったとこもあったとのごたります。

では、その唐箕。自作の紙細工。ペーパークラフトでごじゃります。

Toumi01

 

| | コメント (3)

2019年6月10日 (月)

きりばん

糸島弁シリーズ三百五十七。きりばん。

『きりばんの たいがい ゆがみ そってったけん せいざいしょで しゃくごっすんば わけて もろーて きやい』「まな板がずいぶんと歪んで反ってきたから、製材所で一尺五寸をわけてもらってきて」

【きりばん】まな板・俎板・真魚板のこと。語源はやっぱし切板《きりいた》の切板《きりばん》で良かとでしょうね。もともとは、真魚板と書くごと「魚をさばく」ための板やったとのごたります。

自分はしょっちゅう志摩の四季やら伊都菜彩から魚を買ーてきちゃ、「おろす(洗って干しとる間は使えん)」ので二枚持っとります。一枚は志摩の四季にトラックで売りに来よる「まないた屋」さんで銀杏木をサイズ合わせしてもろーとります。

Manaita

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

したら

糸島弁シリーズ三百五十六。したら。

『したら らいしゅう げつよう あさいちの せこうと いうことで いいですか』『よかですよ』「そうしたら来週月曜朝一番の施工ということでいいですか」「いいですよ」

仕事の打つ合わせ中に若い営業マンのこの「したら」に引っかかったとです。果たしてこの「したら」は共通語か方言か?と。

【したら】そうしたら。そうなるとの意味。辞書には、「そうしたら」の略形。古語「したらば」の略形とあるので、あくまで共通語ということですね。じゃ、自分がよく使う「したら」「そしたら」「したらくさ」も共通語かというと、そりゃ違うでしょうが、そやけん悩みよるとです。結局はよーわからんまんまに書いてしまいました。

写真ネタもないけん、こげなとでご勘弁。月曜朝一じゃないで日曜朝一でキス釣りに行ってきました。ばってん、こんまかとばっかしでサッパリワヤでした。

Minikiss01

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »