« てこ・てご・てごがい | トップページ | なかさい »

2019年4月 1日 (月)

出立

糸島弁シリーズ三百四十七。出立。

『こんどん そうしきな とうらいから でたちまで なんもかも せわい なりっぱなし やったな ほんなごと おおきに』「今度の葬式は訃報の連絡からお斎まで何もかも世話になって本当にありがとう」

【出立】でたち。葬儀や法事用の食事。お斎のこと。もともとは旅立ちの際の食事のことをいい、「出立ちの膳」は出棺直前の膳=お斎とあります(広辞苑)。いつもの「日葡辞書(九州方言→ポルトガル語対訳辞書:1603年」にも、Detachi=よそへ出発するときの食事とあります。これもたいがい古い言葉のようです。

【とうらい】葬儀の連絡(係)については以前ここでも書いているのでご参照くだされませ。

昨日は身内の七回忌で仕出しをとったばかりでした。もう精進やのーてばりばりの生ぐさ料理でございます。

Houji01

|

« てこ・てご・てごがい | トップページ | なかさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« てこ・てご・てごがい | トップページ | なかさい »