« しゃく | トップページ | おしたじ »

2018年11月 5日 (月)

こぶてらしか

糸島弁シリーズ三百二十六。こぶてらしか。
『なんかいな このねんねこな どんざの ごとして こぶてらしかなー これじゃ ややさん なきだすっちゃなかな』「なんだい。このねんねこな。刺し子半纏みたいにごわごわ重たいね。これじゃ赤ん坊も泣き出すよ」

【こぶてらしか・こぶたらしか】ごわごわと重たいこと。強張っていてしなやかさに欠ける状態。いびつでくどくて不快な様子。・・・う~ん、なんか説明の難しかばってん、まぁこげな感じですか。反対語としては落ち着いていて上品の「こうとう・こうとか」。言葉の由来は瘤《こぶ》でよかような気がします。
基本的には福岡県で全体的に使われとった方言のようですが、もう消滅語寸前やなかでしょうか。

こういう道も「こぶてらしか」というとかも・・・。

Kuramadera10

|

« しゃく | トップページ | おしたじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こぶてらしか:

« しゃく | トップページ | おしたじ »