« とおし | トップページ | くだけ »

2018年2月12日 (月)

つえる

糸島弁シリーズ二百八十八。つえる。
『なんな そん はなん あたまな』『でけもんの つえて しもーて うみのでて あなぼこい なっとると いとーて たまらん』「なんだよその鼻の頭は」「おできが潰れてしまい膿がでて穴になっているんだよ。痛くてたまらないよ」

【つえる・つゆる】潰れること。つやすは潰すこと。言葉の由来としては
、「費(つい)やす」という意味からやなかろうか・・・と。消費する→費やしてしまう→つぶす(滅ぼす)→ハリで突いて潰瘍を潰す(かいようをつぶす)という流れやなかでしょうか。いつもの当てっぽすです。
日葡辞書(九州方言→ポルトガル語対訳辞書:1603年)にも「tacara uo tçuyasu(たからをつやす:財を費やす)」という形で収録されとる古い言葉のごたります。

Before_mamusi

傷跡の養生にはよかかも~。もう今は「温泉」の名称は使いよんしゃれんごたりますね。だいぶ昔の写真ですたい。

|

« とおし | トップページ | くだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66317494

この記事へのトラックバック一覧です: つえる:

« とおし | トップページ | くだけ »