« つえる | トップページ | せまち »

2018年2月19日 (月)

くだけ

糸島弁シリーズ二百八十九。くだけ。
『いくら くだけっちゅーたっちゃ とりんえさい すりゃ ばちかぶろーたい やっぱし にんげんさまが くわにゃいくめえ』「いくら砕け米といったって、鳥の餌にすれば罰が当たるだろうよ。やはり人が食べるべきだよ」

【くだけ】砕け。砕け米の略。実りが悪かったり、精米の途中で欠けたりした米のこと。ただ今では最初から「飼料用米」として生産する農家もあるげなですね。TPPにしろ何にしろ、このお国の農業政策は首尾一貫しとらんし「弱い者いじめ」にしか思えんことが多すぎるっちゃなかでしょうかね。

写真は、もち粉で太宰府さんの焼き餅を真似てみたときのものです。けっこううまかったですよ。



Yakimoti02

Yakimoti04

|

« つえる | トップページ | せまち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66396309

この記事へのトラックバック一覧です: くだけ:

« つえる | トップページ | せまち »