« じさき | トップページ | じかた »

2017年12月 4日 (月)

かかずりあう

糸島弁シリーズ二百七十八。かかずりあう。
『たてまししごとを うけたたー よかばってん きゃくが けえがれさんでくさ こーまかことばっかし かかずりおーとったら できあがりの いまに なってしもーた』「建て増し仕事の注文受けたのはいいけれど、小心なお客さんでね、細いことばかりに関わっていたら出来上がりが今になってしまったよ」

【かかずりあう】関わり合うこと。関係すること。もともとは古語「かかずらう」から来た方言で、それこそ源氏物語にも出て来る古い言葉のごとあります。
【けえがら】貝殻さん。小心者。怖がりさnで恥ずかしがりさん。貝殻の蓋を閉じて中で縮こまっている様子をいうとでしょうね。

「平原古墳祭り」

Hirabaru01

んころに終わる予定が瑠璃光寺の紅葉

Rurikoji02

になってしもーたと・・・げな。

|

« じさき | トップページ | じかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66066123

この記事へのトラックバック一覧です: かかずりあう:

« じさき | トップページ | じかた »