« どし | トップページ | じさき »

2017年11月20日 (月)

さかぼて

糸島弁シリーズ二百七十六。さかぼて。
『くらん さかぼての たいがい ちゃいろーなったが ぼちぼち しんしゅの でるっちゃなかかな』「酒蔵の杉玉がずいぶん茶色くなってきてけれど、そろそろ新酒が出来るんじゃないかな」

【さかぼて】酒林《さかばやし》のこと。酒蔵の玄関の軒下にぶら下がっている杉玉《すぎたま》のことで酒蔵の象徴=看板。酒箒《さかぼうき》・酒旗《さかばた》ともいうようです。さかぼての「ぼて」はこのへんの訛りでしょうかね。

写真は小城の天山。

Sakabote

|

« どし | トップページ | じさき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65972942

この記事へのトラックバック一覧です: さかぼて:

« どし | トップページ | じさき »