« きぶい | トップページ | かたっつら »

2017年10月30日 (月)

草ぼこ

糸島弁シリーズ二百七十三。草ぼこ。
『こうしんさんの くさぼこい うずまっとんなったけん くさむしって おがまるーごと しとった』「庚申様が草むらに埋まっていらっしゃったから、草むしりして拝まれるようにしておいたよ」

【草ぼこ】草むら。草叢《くさむら》。草が生い茂っているところ。「さくらい方言と歴史(桜井を語る会・桜井振興委員会発行)」に収録されていた糸島弁ですが、博多んもんの自分もどっかで聞いた(り使った?)ことのある気がします。

問題は草ぼこのぼこ。「ぼこ」ちゃ何かいな?語源由来は何?であります。いくつか、いつも通りに根拠のない「当てっぽす」してみましょうか。まずは普通に、
1)草叢《くさむら》の訛り。
2)草深《くさぶか》
3)草生《くさばえ》
4)草尨《くさむく》の変化。尨毛《むくげ》尨《むくいぬ》の「尨=毛がふさふさと生えていること」
5)実は祠《ほこら=お神をまつる小さなやしろ)を叢祠《ほこら》と書くことがあるとですよ。草叢《くさむら》の叢と同じ字ですたいね。それで草叢をくさぼこらと読んだとやなかろうか・・・と。
6)日向ぼっこ・日向ぼこと関連ありそうな、なさそうな・・・で今回はここまで。

Koshinzuka

たしか、染井近くで見かけた庚申さんです。

|

« きぶい | トップページ | かたっつら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65957059

この記事へのトラックバック一覧です: 草ぼこ:

« きぶい | トップページ | かたっつら »