« こうとう・こうとか | トップページ | こっぱ »

2017年8月 7日 (月)

帯し

糸島弁シリーズ二百六十一。帯し。
『おびしい あたりに なしてか あせこの できてくさ かゆーてかゆーて きもんどころか あっぱっぱしか きられんと』「お腹まわりになぜかアセモが出来てね、痒くて痒くて着物どころかゆるめのワンピースしか着れないのよ」

【帯し】帯を締めるあたり、お腹や腰のあたりの意味。「精選版日本国語大辞典」によれば、帯し=帯縛《おびしばり》の略で「腰骨のすぐ上の、帯をしめるあたりのところ(色葉字類抄:1177-1181)」とあります。千年前の古い言葉がそんまま方言として残っとるとですね。なんか不思議な感じがします。
【あっぱっぱ】緩めのワンピース。簡単服。言葉としちゃ最近はあんまし聞かんごたりますが、服そのもんは今でも普通にありますね。

ちなみに、同じ仲間の「~し」に「横し」「縦し」がありますね。

櫻井神社の流鏑馬んときのお稚児さん。ちゃんと帯は締められたとかな。

Chigogyoretsu01

|

« こうとう・こうとか | トップページ | こっぱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65595719

この記事へのトラックバック一覧です: 帯し:

« こうとう・こうとか | トップページ | こっぱ »