« 帯し | トップページ | ちん »

2017年8月14日 (月)

こっぱ

糸島弁シリーズ二百六十二。こっぱ。
『こっぱな みそおつゆい しょうか からあげい しょうか どっちも うまかけ なやむなー』「魚のあらは味噌汁にしようか。唐揚げにしようか。どちらも美味しいから悩むね」

【こっぱ】魚をおろして身をとった残りの頭や皮や内蔵など。語源は木っ端(木の切れ端木切れ)でしょうか。木の葉でしょうか。こちらも悩みますばい。小童《こわっぱ》なんてのはさすがになかですかね。

この近辺の魚名方言に「コッパグロ(小さなメジナ)」や「コッパガレイ(小さくて薄っぺらいカレイ)」ていうともあります。

写真は「志摩の四季」で仕入れたオコゼの身と諸々のコッパです。一応は自分でさばいたとですが、ところどころ料理バサミを使ってごまかしとります。

Okoze02

|

« 帯し | トップページ | ちん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65636459

この記事へのトラックバック一覧です: こっぱ:

« 帯し | トップページ | ちん »