« おしたじ | トップページ | せんぶき »

2017年5月 8日 (月)

おつけ

糸島弁シリーズ二百四十七。おつけ。
『おつけんぐい あおさでん ひらいい いってこ びなでん ころがっとると なお よかっちゃがな』「味噌汁の具にあおさ海苔でも拾ってこよう。ニナ貝でも転がっているといいんだけどね」

【おつけ】味噌汁。御御御付《おみおつけ》の略。もともと「おつけ」は宮中の女房詞で本膳で飯に並べて付ける意から、吸い物の汁。おしる。おつゆのことだったようです(精選版日本国語大辞典)。

写真は福の浦方面からの可也山と「拾いモンチ」して来たニナ。

Fukunourakara

Bina


|

« おしたじ | トップページ | せんぶき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65167101

この記事へのトラックバック一覧です: おつけ:

« おしたじ | トップページ | せんぶき »