« ほとめく | トップページ | せいつからかす »

2017年4月 3日 (月)

すっちょうない

糸島弁シリーズ二百四十三。すっちょうない。
『あんくらい すっちょうなかほうが しょくにんらしゅーて によーとるよな じっさい てききやしな』「あれくらい無愛想な方が職人らしくて似合ってるよね。実際に腕利きだしね」

そげんです。自分も含めて、しゃべくりよるときゃ手は止まっとりますもんね・・・というわけで、

【すっちょうない】無愛想。不親切。似た博多弁やと「あいそもこそもない」というやつですね。
「すっちょうない」は「す・ちょうない」と分解できそうです。「す」は素で「素顔」「素うどん」「素っ裸」の素でそれだけの意味。また少ししかないの意味にもとれます。

問題は「ちょうない」の「ちょう」が何かということ。で、なんとか、むりやりこじつけてみますと、
1:「素丁ない」一人前の愛想がない。
2:寵愛の寵で「素寵ない」。可愛げがないとしてみました。
3:「素潮ない」。「潮」には愛敬や情趣の意味があるげなです(広辞苑)。これは自分もまったく知らんかったです。

Marukyo

さて、この国宝の花紋鏡の手利きぶりはすごかですね。渡来品?国産?

ちなみに、同じ意味似た発音で「すったくれ」「すたくもん」ていうとがあって、以前こちらに書いとります。ただ根が一緒の言葉か別の生まれの言葉かは判断しきりません。

|

« ほとめく | トップページ | せいつからかす »

コメント

>すったくなかとおんなし意味やろうかと勝手に思うとります。
そげんですね。1月に「すったくれ」「すたくもん」を書いとったんで、文末にそこへのリンクを追加させてもらいました。いつも的確なご指摘ありがとうございます。

投稿: MISTAKER | 2017年4月 4日 (火) 05時25分

初めて聞きました。うちんとこじゃ使わんですね。すったくなかとおんなし意味やろうかと勝手に思うとります。

投稿: jinndayuu | 2017年4月 3日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65029732

この記事へのトラックバック一覧です: すっちょうない:

« ほとめく | トップページ | せいつからかす »