« じげ | トップページ | すっちょうない »

2017年3月27日 (月)

ほとめく

糸島弁シリーズ二百四十二。ほとめく。
『えらい ほとめかれて おごっつぉの でてったけん なんかいなと おもうたら わが たんじょうび やった』「ずいぶんともてなされてご馳走が出てきたもので、いったい何だろうと思ったら自分の誕生日だったよ」

忘れとったとが自分の誕生日でよかったやなかですか。これが嫁さんとやったら離縁話になりますばい・・・ということで、

【ほとめき】おもてなし。心のこもった歓待。由来は「熱《ほとり・ほとおり》」でしょうかね。まさに熱烈歓迎というところでしょうか。
「物類称呼《ぶつるいしょうこ》:越谷吾山著:1775年刊」という諸国方言辞書に「他人を馳走することをほとめくといふ」と収録されとります。こうしたたいがい古い方言が今でもまだ広く福岡都市圏でも使われとるとが面白いですね。

写真は甘木電鉄甘木駅横にある朝倉市の観光案内施設「ほとめく館」。

Amagibatabata02

|

« じげ | トップページ | すっちょうない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65012979

この記事へのトラックバック一覧です: ほとめく:

« じげ | トップページ | すっちょうない »