« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

ひぐれさぐれ

糸島弁シリーズ二百三十八。ひぐれさぐれ。
『むすめんこが こげん まちはずれん ひぐれさぐれに そうつくもんじゃなか はよー かえって まま たべない』「女の子がこんな町外れの夕暮れにうろつくものじゃないよ。早く帰って御飯を食べなさい」

余計なお世話のごたるばってん、ほんなごとですよ・・・というわけで、

【ひぐれさぐれ】日暮れ、夕暮れのこと。「さ暮れ」の「さ」は調子づけの接頭語で、さ夜更くのさ、さ迷うのさ。「日葡辞書(九州方言→ポルトガル語対訳辞書:1603年」にも、Sayo fuqeyuqeba(小夜更け行けば)で収録されとります。もっとも自分はいっとき前まで、さ夜吹く(更けるじゃなく)風と思いこんどりました(恥)。

ついでに、もうひとつの語源説。「夕まぐれ= 夕方うす暗くてよく見えないこと」という言葉もあるので、「ひぐれまぐれ」からの訛りと考えられんこともなさそうです。

しかしまぁそれにしても、福岡の人間は語尾の音が同じ言葉をくっつけるとがたいがい好いとるごたりますね。「ちんだはんだ」「しっちゃんがっちゃん」「ひっちゃらこっちゃら」などなど。

50年ほど前のグループサウンズの「マリアの泉」という曲の歌詞にまさに♪さ迷う街の夕暮れに・・・♪と出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

すぐる

糸島弁シリーズ二百三十七。すぐる。
『てのごい ぴしゃーと すぐって はちまき しめて いったい なんば そげん はりきっとるかい』「手ぬぐいをぴしりと引っぱり伸ばして鉢巻にして、いったい何をそんなに張りきっているのかな」

【選《すぐ》る】こく。すごく。しごくこと。
なんか意味がすぐピンと伝わらんですね。
【素扱《すご》く】こく。しごくこと。
堂々巡りしとります。
【扱《こ》く・扱《しご》く】細長い物を片手で握り、もう一方の手で強く引き抜くこと。
「大辞林」に、例文として「稲の穂を扱いてもみを落とす」とあります。この例文でなんか気づきんしゃれんですか。そうそう。「藁すぐり」の「すぐり」とおんなじもんです。
またまた「藁」の関連語やったとですが、わざこと遠回りの記事にしてみました。

ついでに、すごいたあとの藁の残りかすを「渋藁《しぶわら》」というとこもあるごたりますね。

Warakozumi

最近どういうわけか「わらすぼ」が入手不足になって、「すぼつき蒲鉾」が「ビニールすぼ蒲鉾」に変わってしもーた店がありました。こちらはまだ本物の藁すぼ。

Subotuki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

そがり棒

糸島弁シリーズ二百三十六。そがり棒。
『そがりぼうの なかと おもうたら うしごやん とばりい つこーとる だれかい こげなこと しとるとは』「尖り棒がないと思ったら牛小屋の戸張り(つっかい棒)に使っている。誰だよ、こんなことをしたのは」

前回の「むすで」につづいて、藁がらみの農具でありますね。

【そがり棒】
先が尖った天秤棒。担《にな》い棒のこと。
そがりは漢字を当てると削り棒ですかね。尖り棒かな。削いで尖った棒であることは間違いなかでしょうね。片方だけ尖った棒と、両端が尖った「両そがり棒」があり、主に輪に結んだ焚きもん柴《しば》や稲束稲藁を突き刺して運んどったようですね。

このそがり棒の言葉調べ、物調べの途中でこんな漢字を見つけました。

Ougo

難しかでしょ。少ない画数の簡単な漢字ですが、まったく意味も読みもわからん文字でした。

【朸《おうご》】荷物にさし通して肩にかつぐ棒のこと。象形文字的に意味をおしはかると、まぁたしかに木の後ろに力が加わっとりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

むすで

糸島弁シリーズ二百三十五。むすで。
『むすでや なわない ばかしじゃ たいくつかろうけん こんだー しめなわないば おそえちゃろうかね』「結び藁や荒縄綯いつくりじゃ退屈だろうから今度はしめ縄つくりを教えてあげようかね」

【ない】綯《な》うこと。糸や藁を撚《よ》り合わせて一本にすること。

【むすで】(主として)稲を束ねるための細い藁縄、結び藁のことです。
漢字をあてると、結手《むすで》でよかろうちゃ思うとですが、問題はその「手」がどんな手かがはっきりせんとですね。
手綯いか、手綱か、手縄か・・・。あとは「てわら(手藁)・たわら(俵)・たわし(束子)」とも少々関係ありそうな気もしています。

玄関用の正月飾りならよかばってん、こげな「しめ縄」やとオオゴトですたいね。数年前に櫻井神社で見せてもらいました。二見ヶ浦の大しめ縄綯い。

Oojimenawa02

Oojimenawa01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »