« すずめがい | トップページ | いっち »

2016年2月15日 (月)

帳面消し

糸島弁シリーズ百八十五。帳面消し。
『よりあい いかんでちゃ さぼりちんな とられめーばって とりあえずな ちょうめんきやしー いってこー』「町内会の集まりに行かなくても罰金はとられないだろうが、とりあえずは参加して来るよ」

【帳面消(きや)し】出席、参加すること。出席表に印をつけること。義務的形式的な参加という意味合いが強かですね。県内共通語のごたりますが、博多は「帳面つけ」のような気もします。もう「常会」やら「寄合」やらいう集まりそのもんがなかけん、「帳面消し」という言葉もそれこそ消滅寸前語でしょうね。

写真は旧三町の町史町誌。

Tozimenoawan

帳面の意味は違いますが、先生やら学者さんやら民俗研究家さんたちの帳面がいっぱい集められ編集されて出来上がったとでしょうね。いつもこの四冊を見比べて思うとですが、なして前原だけが「こげん中身も厚さも薄っぺらかっちゃろか」ということであります。

|

« すずめがい | トップページ | いっち »

コメント

ようこそいらっしゃいました。古い記事まで読んでいただいて恐縮です。

>『前原町誌』原賢二編、1975年
存在そのものを知りませんでした。どういうものか図書館行って調べてみることにします。ご指摘ありがとうございました。

なんか新しい発見のあると嬉しかです。

投稿: MISTAKER | 2019年6月19日 (水) 18時53分

『前原町誌』原賢二編、1975年
があるから
『前原町誌』前原町、1991年
は薄いのでは?

投稿: てきとう | 2019年6月19日 (水) 13時15分

> 昔より回数は断然少のうなっとります
そげんでしょうね。「お日待ち」やら「おこもり」やら「青年宿」「処女会」やらもなくなりかけやなかですか。
福岡市内じゃ、もぅなんもかんも全滅やなかでしょうか。自分らの子どものころの東区箱崎では「寄合い」か「町内会」て言いよった気がします。「常会」は若いころ数年住んだ粕屋の方で知った言葉です。

投稿: MISTAKER | 2016年2月19日 (金) 07時22分

あたしの所は、戸主と農家の常会が別々にありよりますですよ。昔より回数は断然少のうなっとります。

投稿: jindayuu | 2016年2月18日 (木) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帳面消し:

« すずめがい | トップページ | いっち »