« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

がじける

糸島弁シリーズその十。がじける。
『ひめしまちゃ ねこずきにゃ けっこう ゆうめいか らしかね』『そえんたい いそば すみかに しとるとも おるもんね』『そえな のらなら たいがい がじけとろう』『それが いがいと みんな げんきかった』
「姫島は猫好きにはけっこう有名らしいね」「そうだよ。磯を住処にしてるのもいるよ」「そんな野良なら弱りやつれてるだろう」「いやそれが意外とみんな元気にしてたよ」

【がじける】やせ衰えること。やつれること。みすぼらしい様子、貧相な感じをいうこともあるごたります。語源はわりと簡単に見つかりました。古語の「悴く=かしく・かじく」で間違いなかでしょうや。辞書には「かじく・かじける」と「か」が濁らず収録されとります。憔悴(しょうすい)するという日常語・現代語の悴という字が当てられとるので意味も通じやすいっちゃなかでしょうか。ただ博多では「がじける」も「かじける」も聞いたことなかごたります。もともとない言葉か消滅語化したもんかまではわからんとですが。

では、その姫島の猫たち。民家の外猫として飼われとるとも居れば、こうした磯場であんまし人に頼らず暮らしとるとも多かです。

Gazikeru03_2

しかし、なーも、こげなとこで喧嘩せんでちゃよかろ~もんね~。

Gazikeru01

Gazikeru02

この白くん、少しがじけて来とります。顔のアトピーだけならまだよかっちゃばってんが・・・。ちなみに、歳時記には「かじけ猫」という季語もあるごたります。

さすがに、ここを

Himeshimasyo

寝ぐらにしとる猫は居らんごたりました。おしゃれな姫島小学校&志摩中学校分校。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

糸島地区難読地名一覧

これから糸島弁を勉強しょうかていうとに、そもそもの地域の名称がわかっとらんと話にならんめえたい・・・ということで、地名・地区名・施設名・史跡旧跡名(の読み)を調べて一覧にしてみました。

ただ、前原市・志摩町・二丈町が合併して糸島市になり、行政上の正式地名として旧志摩・二丈地区の地名には、それぞれに志摩井田原、志摩岐志、二丈一貴山、二丈石崎というように、志摩と二丈の二文字を冠ってしまう状況になっていますが、この難読地名一覧ではこの二文字を略しています。ご了承ください。
字が違う、読みが違う、またこんな読めない場所があるよ・・・ということがあれば、どうぞご指摘ご教授よろしくお願いします。

ま、しかし、大門(だいもん)と芥屋の大門(おおと)があり、高祖作出(つくんで)と作出(つくりで)のように、同じ区域内に同じ漢字の地名があり、しかも読みが違うっちゃけん他所者は往生しますばい。加布里(かふり)と加布羅(がぶら)というともありゃ、南風小学校(みなかぜしょうがっこう)と東風小学校(はるかぜしょうがっこう)でしょうが。さすがに参りますやね。ちなみに作出は「つくいで」と読む人も居んしゃるごたって、この地名はもすこし要調査のごたります。

【糸島弁圏難読地名一覧】
姉子浜 あねごはま
飯原 いいばる
一貴山 いきさん
夷巍寺 いきじ
井田 いた
井田原 いだわら
怡土 いと
井原 いわら
浮嶽神社 うきだけじんじゃ
潤 うるう
加布里    かふり   
加布羅 がぶら
神在 かみあり
川付 かわつき
川原 かわばる
岐志 きし
久家 くが
芥屋 けや
芥屋の大門 けやのおおと
高来寺    こうらいじ
香力 こうりき
嵯峨里 さがり
細石神社 さざれいしじんじゃ
鹿家 しかか
鹿我子神社 ししがいしじんじゃ
志登 しと   
篠原 しのわら
上鑵子遺跡 じょうかんすいせき
新田 しんでん
瑞梅寺    ずいばいじ
畝詰 せづめ
銭瓶塚遺跡 ぜにがめづかいせき
大入 だいにゅう
大門 だいもん
高上 たかうえ
高祖 たかす
高祖作出 たかすつくんで
高祖如意 たかすねおい
鎮懐石八幡宮 ちんかいせきはちまんぐう
作出 つくりで
道目木 どうめき
十坊山 とんぼやま
弊の浜 にぎのはま
西堂 にしのどう
配崎 はいさき
初 はつ
東風小学校 はるかぜしょうがっこう
波呂 はろ
間少路 ましょうじ
松末 ますえ
真名子木の香ランド まなごきのからんど
見揚峠 みあげとうげ
御床 みとこ
南風小学校 みなかぜしょうがっこう
南風台    みなかぜだい
師吉 もろよし
油比 ゆび
吉井上 よしいかみ
雷山千如寺 らいざんせんにょじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

糸島弁聞き取り調査

前もっていただいとった「糸島弁アンケート」にもとづいて、糸島人9名のみなさんに糸島弁の聞き取り調査をさしてもろーてきました。
正味5時間にわたって根掘り葉掘り、尋(たん)ねまくってきました。最後の方はしゃべりすぎ&聞きすぎ&お勉強疲れでか、「口がまめらんごと」なり、舌がもつれよりました。もっともこれは「お酒呑み宴会」も兼ねとりましたんで、そっちのせいかもしらんですが・・・。ははは。

Kikitori05

画像はボカシを入れとります。

○村家、○田家のみなさま、聞き取り調査へのご協力ありがとうございました。またすっかり「御御馳走(おごちそう:これも方言ですばい)」になりました。楽しい一日を過ごさせていただきました。多謝感謝であります。

おかげさまで、この「糸島弁ブログ」での今後のへっぱくこき&能書き垂れに最高の成果を与えていただきました。ただ、せっかくの調査結果をどう具体化していくかで、なんか新しい責任も出てきた感じもしとります。

しかしまぁ「幸先よし」とはまさに今日のような日をいうとでしょうか。帰りにこういう幸せにも巡り会えましたです。


Kikitori02


あらためて皆様には御礼申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

にきさん

糸島弁シリーズその九。にきさん。
一貴山は知っとるばってんが、二貴山やらあったかいな・・・
というとはさておいて、まずは例文会話文をどうぞ~。
『どこさん いきよると』
『いきさん いこうて おもいよる』
『いきさんちゃ いきな いきさんな』
『いきさん にきさん いこう しよると』

ちょっと無理やりに、せからしか例文ばつくってみましたが、ためしに共通語訳してみんしゃれんですか。ひらがなだけで、ちゃんとすぐに意味が理解できるやろかな。日常的な博多弁糸島弁つかいでも、けっこう考えんと翻訳できんかもしらんです。

では答え。
「どこへ行ってるの」
「一貴山に行こうと思ってる」
「いきへ・・・とは壱岐なの。一貴山なの」
「一貴山の近くに行こうとしてるの」

【にき】根際(ねき)の訛。きわ、そばの意。
【さん】~へ、~に。方向を示す言葉ですたいね。上の「にき」+「さん」で、~の近くへの意味。博多はどっちかというと、「~さん」より「~さい」と言う方が多かごたります。
【いきさん:一貴山】二丈一貴山地区。山とついても一貴山という山じゃなかとですね。知らんかったです。

写真は一貴山集落入口にある夷巍寺(いきじ)の仁王門。阿吽の一対の仁王さん。

Ikisan04

Ikisan02

Ikisan03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

もうらしか

糸島弁シリーズその八。もうらしか。
『あつかと だけなら まーだ がまん でくるが この もうらしかとな どげんか なりめえか』「暑いのだけなら我慢できるけれど、この蒸して気持悪いのはどうにかならないものかねえ」

【もうらしか】蒸し暑いこと。じめじめと蒸して気持ち悪いこと。すぐにも雨が降りそうで暑さがこもっている様子。
これは博多では聞いたことがなかし、手持ちの資料にも見当たらんけん、もしかしたらこれもリアル糸島弁の代表選手かも・・・と思うとります。ただどういうわけか、博多を飛び越して筑後の方じゃ使われとるごたるとですよね。

語源由来もちょっと難しゅうして、あまし想像推理の働かんやったとですが、その筑後方言辞典(松田康夫:久留米郷土研究会)には、蒸す(むす)の古語(うむす・おもす)訛りかとありました。
これをヒントにいろいろ考えてみたとですが、うむす+らしか→もうらしか・・・微妙な感じ。これなら蒸(む)らす・蒸れる+らしか→もうらしかの方がいいかも。いややはりこれも微妙やろかな。
いっそのこと、蒸すのオノマトペ(雰囲気語:勝手に造語)のもわもわ・もわっと+らしか・・・とも考えられんこともなかかな~とも想像したり・・・いっちょん結論が出まっせんです。今回の語源は宿題とさせてもろうときます。うもろうときます・・・なーんてくさ。

ネタ写真その一。蒸し蟹。もうもうともうらしか湯気の出とります。

Musigani

もう一枚。もうらしかヤツ(違)。

Mourasika

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

かやさん

糸島弁シリーズその七。かやさん。
『おくちい あいますめえ ばってんて ばばしゃんの がめのはもちば もってきんしゃったよ うつわな ぷらっちっく やけん かやさんで よかて』「お口に合わないかも知れませんがと、お婆ちゃんががめのは餅を持ってきてくれました。器はプラスチックだから返さなくてもいいですよって」

【かやす・かやさん】返す・返さないの訛り。最近は聞くことが少なくなりました。今じゃもうこれも年寄り語というてよかとやなかですかね。
【がめのは餅】がめの葉でつつんだ餅・団子のこと。節句やハレの日の祝餅としてつくられよったごたりますね。がめの葉とは地域によって「さるとりいばら」や「山帰来」のことを言うごたります。
【ぶらっちっく】自分らの子供のころは、プラスチックの訛り・・・というより、最初からそう発音するもん、そういうもん名前のもんと思うとった気もします。

ちなみに、本日のタイトルの「返(かや)さん」は博多でも同じごと使います。ばってんが、こっちの「かやさん」は、正真正銘のリアル糸島。

Now_kayasan

ははは。皆様、ごぞんじの「可也山」。可也山に関しては今後もいろいろ書かせてもらうつもりでおります。何回も上っとるしくさ、難ルートの小富士梅林からもね~。

続けて関連画像を二枚。がめのは餅です。

Gamenohamochi

鹿児島でも「かからん団子」という名前で売りよりましたよ。

Gamenohamochi02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »