2017年11月13日 (月)

どし

糸島弁シリーズ二百七十五。どし。
『ことしん さなぼりな どし わかれて よぶこん いかくいやら おんせんいき』「今年のさなぼり祝いは仲が良い人同士で分かれて呼子のイカ食いや温泉行きだよ」

【どし】仲間・親しい間柄・友人同士。「同士」の共通語での意味は単に「連れ」「仲間」ですが、方言では親しく仲が良いという意味が強調されるようです。言葉の由来は
1)同士《どうし》
2)同衆《どうしゅう》:仲間の意味。女衆《おなごし》=女性グループ、若衆《わっかし》=若い人たちの「衆」。
3)どち:古語(土佐日記にも出て来る古い表現)で、仲間ともだちを意味
・・・といったもんが考えられそうです。

Kiraranoyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

かたっつら

糸島弁シリーズ二百七十四。かたっつら。
『たていしやまに のぼってんない ひがしん にしも ぜっけい やけん くろいそんはまに むこうな ひやま はんたいん かたっつらな すがたよー ひめしまの みゆろーが』「立石山に登ってごらん。東も西も絶景だから。黒磯海岸のむこうには火山。反対のもう片方は姿のよい姫島が見えるだろ」

【かたっつら】片方。片側。もちろん片面《かたつら》と漢字を当てるとでしょうね。その反対側で反対面。すこし意味が深くなって、片側のまたその「隅っこ」という意味もあるようです。

まずは東側の風景。

Tateisiyama02

片面の姫島。

Tateishiyama01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

草ぼこ

糸島弁シリーズ二百七十三。草ぼこ。
『こうしんさんの くさぼこい うずまっとんなったけん くさむしって おがまるーごと しとった』「庚申様が草むらに埋まっていらっしゃったから、草むしりして拝まれるようにしておいたよ」

【草ぼこ】草むら。草叢《くさむら》。草が生い茂っているところ。「さくらい方言と歴史(桜井を語る会・桜井振興委員会発行)」に収録されていた糸島弁ですが、博多んもんの自分もどっかで聞いた(り使った?)ことのある気がします。

問題は草ぼこのぼこ。「ぼこ」ちゃ何かいな?語源由来は何?であります。いくつか、いつも通りに根拠のない「当てっぽす」してみましょうか。まずは普通に、
1)草叢《くさむら》の訛り。
2)草深《くさぶか》
3)草生《くさばえ》
4)草尨《くさむく》の変化。尨毛《むくげ》尨《むくいぬ》の「尨=毛がふさふさと生えていること」
5)実は祠《ほこら=お神をまつる小さなやしろ)を叢祠《ほこら》と書くことがあるとですよ。草叢《くさむら》の叢と同じ字ですたいね。それで草叢をくさぼこらと読んだとやなかろうか・・・と。
6)日向ぼっこ・日向ぼこと関連ありそうな、なさそうな・・・で今回はここまで。

Koshinzuka

たしか、染井近くで見かけた庚申さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

きぶい

糸島弁シリーズ二百七十二。きぶい。
『きやすう かね かりたが よかが とりたての きぶーてきぶーて おうじょう こいたばい』「気安くお金を借りたのはいいけれど、その取り立てが厳しくて厳しくてとても困ったよ」

借金するよか最初に貯めといて買い物しなさい・・・という話ですばって、それが出来るなら苦労はせんという話でもありますたいね。

【きぶい】厳しいこと。きついこと。容赦がない。苛酷である。古語そんままの「きぶし・きぶい」の形で残っている方言ですが、もうたぶん消滅語(か消滅寸前語)というても良さそうです。

写真は日切箱。日掛け(貯金?)集金箱。

Hikiribako

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

かどのくち

糸島弁シリーズ二百七十一。かどのくち。
『かどんくちから はいった にわんひろさも たまげろうが よこさい ぐるり まわってんない やまごと うらにわばい』「玄関口から入ったすぐの庭の広さに驚くだろうが、横の方へ周囲をまわってごらん。(見える)山ごと裏庭なんだよ」

庄屋さんかご大尽のごたりますね。ははは。

【かどのくち】カドは門、クチは入り口。玄関口や門の中の意味。
「門」だけでも、家の外構えの出入口の他に、門前や前庭という意味があるようです(広辞苑)。

また少し話が飛びますが、九州方言の「角打《かくうち》=店頭で飲む酒」の角は門、つまり「門打」やないかと考えています。角打についてはこちらで詳しゅう書いとりますのでご参照くだされませ。

先日チラッと載せとった雄町米つかった「可也」写真を再掲。

Omachi

なんでもフランスの一流のソムリエたちが550もの銘柄の日本酒の味や香りなどを審査した結果、最優秀賞に佐賀県の「天山酒造」の「七田純米吟醸雄町50」が受賞した・・・というNHKニュースがありました。雄町米が脚光あびてきとります。雄町米については糸島は先行産地やけん、そのアドバンテージを活かして欲しかですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

むこうざき

糸島弁シリーズ二百七十。むこうざき。
『まずめんときゃーな わざわざ はとまで いかんと ふなつきから むこうざきに なげてんない よーつれるけん』「間詰めのときはね、防波堤まで行かずに船着き場のすぐ目の前に投げてごらんよ。よく釣れるから」

【向こう先《むこうざき》】目の前、すぐ前。向こうというと遠くの感じもしますが「向かう先」だと意味がとりやすくなるごたりますね。
【まずめ】太陽が水平線の東西のそれぞれの間際(=間詰め)にある時間帯で魚の食餌時。魚が飯詰《ままづ》め込む時間・・・な~んちゃってくさ。

平戸の浜の投げ釣りで、まさに向こう先(ほんの数十m先)で釣れた大型キス。24-27cmが四本。

20170819_27kissww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

ただもと

糸島弁シリーズ二百六十九。ただもと。
『おれが よめもらうやら おまえに ゆーたとが まちがいやった ただもと むらじゅうに はなしの ひろがっとるやないか』「俺が嫁をもらうことをお前に言ったのが間違いだったよ。あっというまに村中に話が広がっているよ」

内緒話や秘密の話ほど「ただもと」拡散されるとでしょうね。

【ただもと】いよいよ、ますます。すぐに、かえって、逆に、悪い方向・・・・に話が進むこと。どこから来た言葉なのか、いつものように「当てっぽす」すると、
【ただもの(直物)】毎度、度々、次々に
【ただもどり(徒戻り)】無為なこと。
このへんが由来候補でしょうか。

話題にあった写真がなにも思いつかんかったけん、こげなと。視界を広げてみることにいたしましょう。立石山からのパノラマ写真です。

Tateisiyamapanorama01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

唐人負い

糸島弁シリーズ二百六十八。唐人負い。
『こんごら いつけおびで おんぶも めずらしかばってん きょうな とうじんおいしとる ばあちゃん みたばい』「この頃はおんぶ紐でのおんぶも珍しいけど、今日はねんねこおんぶしているお婆ちゃんを見たよ」

【唐人負い】唐人=綿入れねんねこのこと。またその「ねんねこ」でおんぶすること。団塊世代のその親世代の日常は「いつけ帯=おんぶ紐」。寒い季節は「ねんねこ」で「五木の子守唄」状態やったごたります。

唐人からみでこげな写真を。「いくらなんでも人身売買はいかんやろ!」と、見るたんびに突っ込みたくなるような、福岡市地下鉄唐人町駅前の不動産屋さんの看板。

Zinsinbaibai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

いきざきおりざき

糸島弁シリーズ二百六十七。いきざきおりざき。
『あーた いきざき おりざき いわんと どこ そうつきよったとね』『しょうぼうののみごと』「あなた行き先も居場所も言わないでどこをウロウロしていたの」「消防団の飲み会だよ」

【いきざきおりざき】行き先居り先。先はどちらも先《ざき》と濁ります。先は行った場所、いつも居る場所の意味。行き先は共通語ですが、あまし居り先とは使われんごたりますね。方言の方言たるところです。

写真は白糸酒造の「可也」。酒米としては一般的な「山田錦」やないで、糸島特産の「雄町米」を使っちゃるとが特徴。もっとも味の違いはわかりまっせんでした。ははは。

Omachi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

こしこしと

糸島弁シリーズ二百六十六。こしこしと。
『このあつかとに こしこしと くさむしりやら ごせいがでますこと くたびれっしゃらんごと してくださいよ』「この暑いのに一生懸命に草むしりなんてがんばっていらっしゃいますね。疲れすぎないようにしてくださいね」

【こしこしと】腰を据えて、本腰で、一生懸命に、念入りに。このへんじゃ日常語ですが、他所(福岡以外)では使われとらん方言のようです。日本方言大辞典にも収録されとりません。語源は腰々?それとも「しこしこ」との混同?

「こしこし」と頑張らんといかんとが、これ。腰の痛さを畝の広さ・・・というやつですね。篠栗町民俗資料館でこっそり写させてもろーとります。

Issenise

佐賀の田植え歌の動画を見つけました。NHKのサイトでどうぞ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

てぼもち

糸島弁シリーズ二百六十五。てぼもち。
『なかだちていや きこえのよかばって てぼもち させられよる きもするとたいね』「仲介人というと聞こえがいいけど、カバン持ちさせられている気もするんだよ」

【てぼもち】手伝い、使い走り、従者、荷物持ち。「てぼ」は手籠や花籠。手網の意味もあるごたりますね。昔の時代劇で、お姫様の花摘みに腰元が花籠を持って付き添う・・・そんな場面があったようです。

写真は筥崎さんのお汐井てぼと「社家町米穀店」の特選ブレンド米。息子の嫁のお母さんのそのまたご実家さん(糸島在住ながら筥崎さんファン?)を訪ねたときの手土産です。

Osioiokome

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

てんま

糸島弁シリーズ二百六十四。てんま。
『あっちん ごていしゅな いっつも てんまで さんぽしたり あそんだりで やさしか ひとん ごたる』「あちらのご主人は親子連れで散歩したり遊んだりで優しい人みたいね」

【てんま】親子。親子連れのこと。沖に泊めた親船と桟橋との間を行き来する伝馬船の略。親船と伝馬船(小舟)を親子に見立てた方言。浦言葉漁師言葉でしょうかね。
「筑後方言辞典:松田康夫:久留米強度研究会」のよれば、筑後弁にも「伝馬曳《てんまび》き」という方言があり、その意味として「扶養家族を抱えているので無責任なことはできない」と解説されています。

写真は平戸で。まさに親子船です。

Tenmasen01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

ちん

糸島弁シリーズ二百六十三。ちん。
『たいなたい ばってん くろな めじなの こっちゃろ そいで くろだいな ちんやけん さかなん ほうげんなまえな ほんなごと ややこしかな』「鯛はマダイだけど、黒はメジナのことだろ。そして黒鯛はチンだから魚名方言というのは本当にややこしいね」

そげんです。たまに他所から進出してきたスーパーやと、メジナのことをクロダイなんて書いてたりします。いくらなんでも・・・ですばいね。

【ちん・ちぬ】黒鯛の地方名。関西から九州にかけて使われよるごたりますね。

写真はいつもの「志摩の四季」で購入。色が黒いていうだけで、40cmくらいんとが650円やら、気の毒っかくらいに安かとです。

Chin01

なんとか下ろしてみたとこ。見事な白子が入っとりました。

Chin02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

こっぱ

糸島弁シリーズ二百六十二。こっぱ。
『こっぱな みそおつゆい しょうか からあげい しょうか どっちも うまかけ なやむなー』「魚のあらは味噌汁にしようか。唐揚げにしようか。どちらも美味しいから悩むね」

【こっぱ】魚をおろして身をとった残りの頭や皮や内蔵など。語源は木っ端(木の切れ端木切れ)でしょうか。木の葉でしょうか。こちらも悩みますばい。小童《こわっぱ》なんてのはさすがになかですかね。

この近辺の魚名方言に「コッパグロ(小さなメジナ)」や「コッパガレイ(小さくて薄っぺらいカレイ)」ていうともあります。

写真は「志摩の四季」で仕入れたオコゼの身と諸々のコッパです。一応は自分でさばいたとですが、ところどころ料理バサミを使ってごまかしとります。

Okoze02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

帯し

糸島弁シリーズ二百六十一。帯し。
『おびしい あたりに なしてか あせこの できてくさ かゆーてかゆーて きもんどころか あっぱっぱしか きられんと』「お腹まわりになぜかアセモが出来てね、痒くて痒くて着物どころかゆるめのワンピースしか着れないのよ」

【帯し】帯を締めるあたり、お腹や腰のあたりの意味。「精選版日本国語大辞典」によれば、帯し=帯縛《おびしばり》の略で「腰骨のすぐ上の、帯をしめるあたりのところ(色葉字類抄:1177-1181)」とあります。千年前の古い言葉がそんまま方言として残っとるとですね。なんか不思議な感じがします。
【あっぱっぱ】緩めのワンピース。簡単服。言葉としちゃ最近はあんまし聞かんごたりますが、服そのもんは今でも普通にありますね。

ちなみに、同じ仲間の「~し」に「横し」「縦し」がありますね。

櫻井神社の流鏑馬んときのお稚児さん。ちゃんと帯は締められたとかな。

Chigogyoretsu01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

こうとう・こうとか

糸島弁シリーズ二百六十。こうとう・こうとか。
『はつまいりに きとった かぞくの きこなしが よめさんな こうとかとに ばばさんが えらい ぎょうらしゅうて ひとごとかとに みたむなかったやね』「初参りに来ていた家族の着こなしがね、お嫁さんが落ち着いて上品なのに、母親がずいぶんと大仰で他人事だけど見苦しかったよ」

これから先の嫁姑の関係が思いやられますが・・・ということで、こうとうj・こうとか。

【こうとう・こうとか】落ち着いている。上品である。地味目であること。語源は「高等」としたいとこですが、じつは「公道《こうとう》」という言葉があるとです。
【公道(コウトとも。本来は公平の意) 】
1:きちんとしていること
2:着実であること。手堅いこと。実直。質素。倹約(広辞苑)。

「日葡辞書(九州方言→ポルトガル語対訳辞書:1603年」にも、
「coto コゥタゥ」「cotona fito 公道な人:礼儀作法のきちんとした人」と収録されとります。

やっぱし初参りは産宮神社ですたいね。

Sannomiya01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

ちょい

糸島弁シリーズ二百五十九。ちょい。
『あら おりこうさんに ちょいしてから じのじの しよんしゃる』「あら、行儀よくお座りして、お絵かきしてあるわ」

【ちょい】幼児語でお座りすること、していること。地域や世代の違いで「ちょんこ」「ちゃんこ」とも言うようです。小さくじっとかしこまっているという意味の「ちょこん」や[ちょこなん]あたりから来た方言じゃなかでしょうか。
【じのじの】これも幼児語で、お絵かき、文字かきのこと。
こちらも語源がはっきりせんとですが、「へのへのもへじ」の「じ」。あるいは「同上」や「以下同じ」のときに使う「のの字=""」あたりからか・・・と考えとります。「のの字=〃=ちょんちょん=てんてん」やけん、これも「ちょい」と関係ありそうな気も・・・。

Zinozino

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

なぐれる

糸島弁シリーズ二百五十八。なぐれる。
『あっちん そうりょうさんな よめさん のーなして なぐれとんなったが こんごら でんぱた やっと ていれんできとる』「あちらの長男さんは奥さんを亡くして身を持ち崩していたけれど、最近は田畑もやっと手入れされているようだね」

【なぐれる】(横道脇道にそれて)身を持ち崩す。堕落する。ぐれること。ここらの方言の「遊び呆《ほう》ける」や「横道者《おうどうもん》」の意味もありますね。
言葉の由来ははっきりせんとですが、「横殴《なぐ》り」の殴り、横に薙《な》ぐの薙《なぎ》あたりとも関係しとる気がします。

例文とは関係なか写真を一枚。棚田をここまでキチンとするとはオオゴトでしょうね。

Siraito07

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

仕組み

糸島弁シリーズ二百五十五。仕組み。
『あんみせな てびろー あきない しよんなったが ばんとうに もちにげされて とうとう しぐみ せないかんやったげな』「あのお店は手広く商売されていたけれど、番頭さんに売上金持ち逃げされてそうとう破産整理しないとだめだったらしい」

【仕組み《しくみ・しぐみ》】倒産。破産。家産整理すること。「志摩町史」「さくらい方言集と歴史」の両方に収録されとりますが、手持ちの博多弁方言資料にはない方言です。リアル糸島弁でしょうかね。

ただ「仕組み」がなぜ「倒産」を意味するとか、広辞苑や大辞林といった中型辞典にもなく、まったくわかりません。かろうじて「日本方言大辞典」に島根県石見の方言として「あの家もとうとうしくみをした」と収録があります。石見と糸島にどんな縁があるとでしょうかね。もしかして漁師つながり網元つながりでもあるとやろか。どなたか「こんな理由じゃないか」ということがあればご教授ください。

Tozimenoawan

Takasukagura06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

染井

糸島弁シリーズ二百五十四。
『たかすん ちかくに そめいて あったが そん なまえの ゆらいは なんやろかね』「高祖の近くに染井という地区があったが地名の由来はなんだろうね」

【染井】各地に同じ地名があるようですが、それぞれの由来は違うごたりますね。たとえば、
1)井戸(や山や頬など)が染まる。井戸が何らかの理由で染まること。
2)井戸(や川や水面)を染める。染まったように見えること。逆さ富士逆さ可也のパターン。
3)井戸で染める。糸島市大門の「染井」がこのパターン。添付画像は筑前国続風土記二十二巻(中村学園大学電子アーカイブより借用)。

ついでに、
4)桜の木のソメイヨシノというとは、東京「染井」にある植木屋から売り出されたというヨシノザクラ(広辞苑)・・・げなですよ。知らんかったですね。
5)また京都には「染井の水」というのがあり京都三名水のひとつとされとるごたります。


Somei



Somei02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«いどる