食いもんシリーズ

2018年2月19日 (月)

かなと

博多の食いもんシリーズその六十六。かなと。
『こげん さむーなると やっぱ ぬくいもんの たべとーなるな かなとんなべか ちゅーいりでん してんもうか』「こんなに寒くなると、やはり温かいものが食べたくなるね。かなとふぐの鍋か中炒りでもしてみようか」

【かなと】カナトフグの略でカナト。ここらの魚名方言でシロサバフグ(標準和名)のこと。他地方でもぎんふぐ・ぎんぶく・きんぶく・・・などと呼ばれとるごたります(日本国語大辞典)。

カナトの由来がどこから来たもんかはっきりせんとですが、金気《かなけ》のカナ、金銀のキンギンが方言の頭にかぶさっとるとこからすると、やっぱしシロサバフグの「表皮の色」から来とるような気がしますです。
・・・と書くと、「金《カナ》はいいとして、《ト》の説明になっとらんやろ」と突っ込みが来そうなので、もひとつこじつけ。

金砥《カナト》なんてのはどげんでしょうか。やっぱし表皮の表現で「ウロコがなくぬめって平らにつるつる金色に光っている様子」な~んて。無理やっこすぎか。

写真は「ちゅういり」。こちらに詳しく書いとるのでどうぞ~。

Cyuiri

「たたき」。

Kanato_tataki

身だけ買ーて来て家でざっと炙るだけ。ぽん酢で食べるとおいしかですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

にんぎりめし・まぜくりめし

博多の食いもんシリーズその六十五。にんぎりめし・まぜくりめし。
『あしたな てまがえしやけん にんぎりめし つくっちゃんない』『よかよ なんか おいしか まぜくりめしにでも しちゃろうかね』「明日は手間返しだから握り飯(弁当)をつくってね」「いいよ。なにかおいしい混ぜご飯にしてあげようか」

【にんぎりめし・まぜくりめし】握り飯と混ぜご飯。まぁわかりやすい言葉で方言というほどでもなかですが、ひさしぶりに「にんぎり」と発音する人がおったもんやけん書いてみました。

Oinarusan_2

写真はつい最近の晩飯です。「きんぴら」の混ぜくり飯で握ったおいなりさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

さごし

博多の食いもんシリーズその六十四。さごし。
『さかなやに いったらくさ たちうおやら さごしやら ながかとばっかし ならんどった』「魚屋に行ったらね、太刀魚や鰆といった長い魚ばかり並んでいたよ」

ちょうど今ごろの季節、「志摩の四季」や「ふく福の里」ではそげなふうで、よう獲れる時季のごたります。筑前海では魚の春の鰆と書くより、魚の秋、もしくは魚偏に初冬と書く方が正解じゃなかでしょうか。

【さごし】鰆《さわら》の方言魚名。一般的には鰆の幼魚名とのことですが、このへんじゃ大きいともサゴシというようです。筑前国続風土記の土産考では「青箭《さごし》」という漢字があててあり、箭《せん》は弓矢の「矢」の意味があるので、青い矢ということでしょうね。また魚体(魚高)が細い(低い)ことから「狭腰《さごし》」とも書くごたります。
・・・ということは、今の魚屋さんには抜刀隊と弓矢組が揃い踏みしとるわけですね。ははは。
Sagoshi

添付図は中村学園大学図書館の電子アーカイブ「筑前国続風土記」二十九巻より拝借。次の写真は「志摩の四季」。

Sagoshi02

最後に筑前国続風土記の時代を真似て「末摘花」風に一句。「狭腰買う 妾しなやか 柳腰」なーんてくさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

かんご

博多の食いもんシリーズその六十三。かんご。
『そろそろ かんごの なっとるちゃ なかかいな ちらっと やまいきして さがしてこうか』「そろそろムカゴが成っているんじゃないかな。すこし山に入って探してこようかね」

【かんご】ムカゴ・零余子のこと。山芋の蔓になる(種?実?のような)肉芽で食用。
で、そのムカゴがなんでカンゴに訛ったか?変化したか?を考えてみましょうか。零余子の「零」という漢字には「雨のしずく」や「こぼれ落ちる」という意味があるとですね。

ここからがいつもの「当てっぽす」になるとですが・・・。
雨のしずく→こぼれ落ちる→露→寒露(ちょうど今の季節をいう言葉です=二十四節気)→季節が寒くなって蔓からこぼれ落ちた子どもだから「寒子《かんご》」・・・な~んちゃってな推理はどげんでしょうか。ちなみにホダ木に成る冬の椎茸も「
寒子」と呼ばれとるようです。

写真はむかごご飯。

Mukagohan01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

ピンギスとメゴチ

博多の食いもんシリーズその六十二。ピンギスとメゴチ。
『ほら みてんない ふとかきすの いっぱいかろ いつもんごと こまーか ぴんぎすと めごちも まじっとるばってんがくさ』「ほら、見てごらん。大きなキスがいっぱいだろ。いつものように小さなピンギスとメゴチも混じっているけどね」

今日は最初にその「こまーか」とをご覧にいれときましょう。左下がピンギスで右がメゴチです。

Pingisu

【ピンギス】釣れてくるキスでは最小サイズ(10cm程度)のミニキスをいいます。言葉の由来は二つほど考えられるようです。
1:ピンキリのピン。「ぴんからきりまで」は「最上等から最下等まで」ということですが、花札やかるたでは一月から十二月で「最初(最小)から最後(最大)」を意味するので、その最小のピン。
2:安全ピンや押しピンのピン。細く長いものからの連想から。ちなみに押しピンも方言ですよ。

【メゴチ】ネズミゴチ・ノドクサリの魚名方言。メゴチももう少し大きいと天ぷらにするとおいしかです。

ちなみに同じくキス(標準和名:シロギス)の博多方言である「キスゴ」については、だいぶ前ですが、二度「へっぱく」こいてます。ご参考まで。

キスゴ一尾目のへっぱく記事 キスゴ二尾目のへっぱく記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

ぬたえ

博多の食いもんシリーズその六十一。およごし。
『よかとしこいた おいさんが おなごんごと およごしやら いうたら おかしかばい ぬたえて いいない』「いい歳をしたおじさんが女のように(およごし)なんて言うのはおかしいだろ。ぬた和えと言えよ」

【およごし】ぬた和え。魚や野菜を酢味噌で和えたもの。共通語の「よごし=ぬた和え」に「お」が頭についた女房詞で方言。上品な表現じゃあります。
【ぬたえ】ぬた和えのこと。博多弁。「ぬたえ」の方が博多ことばとしても一般的かもしらんですね。

イカゲソ・茗荷・きゅうりの酢味噌和え。

Oyogoshi03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

おもす・おむす

博多の食いもんシリーズその六十。おもす。
『こめば おもしゃー さけいなる むぎ むしゃー みそたい かんたんか はなしやろ』『そげんそげん いも おもしゃー しょうちゅう こどもにゃ さんじの おやつの ふかしいもたい』「お米を蒸せば清酒になる。麦を蒸すと味噌だよ。簡単な話だろ」「そうだね。芋を蒸して芋焼酎。子どもには三時のおやつのふかし芋だね」

【おもす・おむす】蒸すこと。ふかすこと。蒸すの女房詞になるとですかね。名詞形の「おむし」で味噌のこと。これも京都の御所言葉から来たとのごたります。写真は正真正銘の京味噌おむし。

Kyomiso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

てんぽら

博多の食いもんシリーズその五十九。てんぽら。
『くちじゃ りっぱなことばかし いうとるが あやつぁ まともん しごと しきらん てんぽら てんぽら』「口では立派なことばかり言ってるけれど、あいつはまともな仕事もできない偽物まがい物だよ」

【てんぽら】てんぷらの訛り。共通語の「てんぷら」にも、衣で中身が見えないことから見かけだけの偽物・メッキ物という意味があります。ただ、こげな簡単で日常語がなしてわざわざ訛ってしまうとか、その理由がわからんですね。それが方言の方言たる由縁なんでしょうが・・・。

ちょっとばかし変わった天ぷらをご覧にいれときましょう。黒豆納豆(じたい珍しかですが)の天ぷらです。京都の黒豆屋さんで食べました。

Kitao06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

あらかぶ

博多の食いもんシリーズその五十八。あらかぶ。
『あらかぶな ちきゅう つるつもりやなからな つれんばい』「カサゴは地球を釣るくらいの気持ちでないと釣れないよ」

【あらかぶ・アラカブ】標準和名でカサゴ。博多ではアラカブの他にガラカブともいうごたります。関西風のガシラも聞いたことありますね。
名前の由来ははっきりせんとです。よーわからんまんまに、アテッポスをいくつか書いときましょう。
アラは荒?新?カブは甲《かぶと》。頭に冠る、被る。大きな口で齧《かぶ》りつくから。かさぶたみたいな黴《かび》・・・。ガラカブの方は堅い硬いのガラガラでしょうか。そういや渋柿をガラガラ柿といいよりましたが、なんとなくイメージ通じるもんがあるような気もします。

味の方は刺し身よし煮つけて良しです。味噌汁や吸い物にすると芥子粒みたいな油が浮いてきます。見た目にも上品です。

Arakabu

味噌汁からほじくりだしたアラカブの鯛の鯛。

Nishihama08


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

アオナ

博多の食いもんシリーズその五十七。アオナ。
『ふとか あおなの やすかったけん こーてった』『たっか あらんかわりにゃ じゅうぶんやもんね どげんしたっちゃ おいしかもんね』「大きなアオナが安かったから買ってきたよ」「高いアラの代わりに十分なるものね。どう料理してもおいしいものね」

あんまし馴染みがないかもしらんので最初に「アオナ」をご覧にいれときましょう。

Dekaaona_2

「志摩の四季」や「伊都菜彩」でときどき見かけます。見慣れないせいで売れ残っていたり、最初から安い値段がついていることも多いので、味を知ってる人間はいつも「しめしめ!」ですたいね。

【アオナ】標準和名はアオハタ。青というより黄ハタにしか見えんとですが、なぜか青となっとります。あの高価な(博多弁でアラ)クエに近い仲間ですからおいしくなかはずはなかとです。手前料理をずらずらと。

「刺し身」と「漬け(すり生姜・ごま・醤油・みりんなど)」と翌日の野菜あんかけ用の「素揚げ」。

Dekaaona02_2

ひろちゃん牡蠣のアヒージョとアオナで

Aona03

適当につくった名無しスパゲッティ。

Aona04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧