ことばじりシリーズ

2009年11月21日 (土)

どん

ことばじりシリーズ その七。どん。
『おー なんごとな かいもんぶくろどん いっぱい さげとるが』『わかばばしゃんの かわばたの せいもんばらいどん いこーかて いうもんやけん つれてーたと』「やあ、どうしたんだい。買い物袋などいっぱい下げているけれど」「祖母が川端商店街のせいもん払いにでも行こうかと言うから連れていったんだ」

【どん・でん】なんて・とか・など・でも・ども・・・の意味。会話時の用語法によっては微妙にニュアンスの違いがあるごたりますが、物事を限定的に決め付けるのでなく、少し柔らかくぼかした表現になるとでっしょうかね。
【なんごとな】何事ですか、どうしたの?と様子を尋ねる言葉・・・と説明はできるとですが、おはようこんにちはなどと同じような使われ方をする博多での挨拶語のひとつと考えた方が正解に近いかもしらんです。
【わかばばさん】若い方の祖母・お婆ちゃんのことを指すときの表現。したがって曾祖母は年寄りばばしゃん。
【せいもん払(ばら)い】誓文払いと書くとです。博多の商店街の商慣習のひとつで売り出しのこと。この「売り出し」についちゃ、新天町商店街の「しばた洋傘店」さんのHPがとても詳しゅーてわかりやすかです。

Kawabataseimonbarai

画像は昨日まで開かれとった川端のせいもん払いの17日の様子ですたい。売り出しにしてはちょっと人通りの少なかったかな~。

最後に「どん・でん」のダジャレ例文をいっちょ書いときまっしょう。「さいごうどんでんさいごなどんこんならんやったっちゃろね~」なーんてくさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

むっちん

『あらまーた むっちんで あそびよんなさる ごろごろさんの ちんちん とって いきなさるばい』「あら、また、素裸で遊んでいるのね。雷様がおちんちんを捕っていってしまうわよ」

博多の婆ちゃん言葉で例文つくったとばってん、共通語に訳すと年寄り雰囲気の出てこんな~。ま、よかか。

◆本日のキーワード◆
【むっちん】丸裸・素裸・ちんちん丸だし(^^;状態のこと。あんまし幼児(男児)以外には使う言葉やなかったごたります。ちなみに、丸裸・素裸は博多弁やと、まっぱらか・すっぱらかと濁らんで発音する人もおんしゃるです。

さーて、問題は語源ですたいね~。いろいろ考えられるとですが、どれも決め手んなかごたって迷うとります。ざっと候補ばあげときましょうか。本日の課題「むっちんを考える」・・・なーんちゃってくさ。

むっちり:むちむちのお尻やあんよ。
無尻:パンツ無し尻。
無ちん:パンツなしのおちんちん。
剥きちん:剥き出しちん。剥き出し尻。
無垢ちん:うぶなちん。垢という字を使うと別の意味も出てきそうですか、それは無垢でない大人の発想(^^;ね。

~と、まぁ、いろいろ書いてきたとばってん、方言としちゃ、いったいどこ辺りまで使われとる言葉やろかな。ネットでもちょっと調べがつかんかったとね。熊本じゃ通じるとはわかっとるとばってん・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

ばってん

ことばじりシリーズ その五。ばってん。
『ながはまやたいの かんこうちか するたー しかたなか ばってん きゃくひきまで するたー どうかいなね』
「長浜屋台が観光地化するのは仕方がないけれど、客引きまでするのはどうだろうね」
長浜の屋台街はけっこういろいろ問題をはらんどります。店員が通りすがりの客に声かけ呼び込みしよります。中洲やあるまいし、なーんか違うっちゃなかと~って言いたかですな。道端にプロパンガスのボンベは放りだしっぱなしやしくさ・・・って脇道にそれたばってん、博多屋台は博多の財産やけん、みーな、まちっと大事に考えないかんと思うばい。さて、本題。

◆本日のキーワード◆
【ばってん】~のに・~けれども・~だけど。活用語の終止形や体言を受けて逆接の条件を表す・・・というヤツですたいね。ばって・ばってが・ばってんが・・・と変化も多かです。北九州(一部?)から大分宮崎にかけての日豊本線沿いでは使われとらんらしかばってん、ま、九州を代表する方言ですたいね。また日本国語大辞典には青森や新潟佐渡での使用例も掲載されとります。面白かですね。
語源としては、「~さればとて」に由来を求める「ばとて」説が有力のごたります。ただ自分は[ハベレドモ(侍れども)]説(方言俗語語源辞典)が、博多弁の流れということであれば、こっちが自然やなかなという気もしとります。

本日のお決まり画像はこん人。博多んもんやなかばってんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月26日 (金)

~けん

ことばじりシリーズ その四。~けん。
『さんかく べーす するけん ばっと もって きやい』『でんでらるーなら でてくるばってん でんでられんけん でんけん こんけん こんこられんけん こん』『なしてや』『しゅくだい  しとらんけん かあちゃんの だしちゃんなれん』
「三角ペースするからバットもって来なさいよ」「出られるなら、出てくるけれど、出られないから 出てこないよ。来ないからね。来れないから、来ないよ」「どうしてなの」「宿題していないから、母親が出してくれないんだ」

『でんでらるーなら・・・』の一節は、子どものころ、「出て来る出て来ない」という会話になっととき、ふざけてよー歌いよった決まり文句ですたい。わらべ歌のひとつやろかね。
うちの奥方様はまた別の節まわしで覚えとりました。『でんでらりゅーなら でてくるばってん でんでられんけん でーてこんけん こんけられんけん こられられんけん こんこん』げな。
ためしに歌わせてみたら、「やっぱ女はしゃーしか!せからしか!」て言わずにゃおられんごと、けたたましかったです。わらべ歌ちゃいえんけん(^^;。みなさんとこはどげんやったですか。歌いよったね?

◆本日のキーワード◆
【~けん】原因・理由をあらわす、~なので~だから。北九州・筑豊では「~け・~けぇ」かいなね。語源は故に(けに)。
【三角ベース】少ない人数・狭い場所でやる野球。もしくはキックペースのこと。

本日のお決まり画像ばってん、ネタが浮かばんやったけんコレ。いけんかった?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月31日 (日)

くさ

ことばじりシリーズ その参。
『あのくさ とうきょうからの てんきんもんにくさ はかたの ななくさがゆは じゅっくさぐらい はいっとるでしょて いわれたばい』『そら なしてな』『せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ あのくさ このくさ それがくさ・・・げな』
「あのね、東京からの転勤者にさ、博多の七草がゆは十草くらい入ってるでしょと言われたよ」「それはどうして」「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、あのくさ、このくさ、それがくさ・・・だってさ」

◆本日のキーワード◆
【くさ】あのね・~さ・~ね・~だよ。軽い強調・指示・念押し・呼びかけ語。語源は代表的な古語のひとつの「こそ」の転とか。こその転というとは、博多弁の使いまわしの上からは、いまいちピンと来んとですが、それ以外の俗解も思いつかんもんやけん、とりあえず日本国語大辞典からそんまま引用しときます。

「くさ」は、例文にあげたごと、よそもんの、からかいの種(たね&くさとも読む(^^;)になるくらいに印象深い博多弁のごとあります。「web博多んもん」でも博多方言番付の張出横綱にしとります。ちなみにこの「へっぱくBLOG」のタイトルですばってん、もひとつ考えとった候補が「あのくさこのくさ徒然草」やったです。

本日のお決まり画像はこちら。この時代の吉本新喜劇を見とらん人には通じんネタやろばってん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

たい

ことばじりシリーズ その弐。
『なーなー たいのたいちゃ しっとるな』『なんな そら ほーたいな ねくたいな』『あーた わかっとって ぞーたん いいよろー』『あは ばれとるたい たいの あごんとこの ほねの こっちゃろ』『そうたい たいのたいの こったい』
「ねえねえ、鯛の鯛って知ってるかい」「何だいそれは。包帯?ネクタイ?」「あなたはわかってて冗談言ってるだろ」「あはは。見抜かれてるね。鯛の顎のところの骨のことだろ」「そうだよ。鯛の鯛のことだよ」
え~、毎度のことながら、ややこしか例文ですんまっせんね。

◆本日のキーワード◆
【~たい】~だ・~よ・~ぞ。文末にあって,軽い強調や断言を意味する念押し語。「ばい」とほとんど同じ使われ方をするとです。じゃどこが違うかと聞かれたら、これも返答に困るとですが、「たい」は言い放ちで、「ばい」は多少聞き返しというか、反語的表現のような気もしとります。意味が強めかもね。語源としては、~とよ・~とあり・~てあり・~たりの転。
【鯛の鯛】鯛の顎んとこ(エラから腹ビレにかけての部分。おいしい身のとこたい=カマ)にある小さな鯛の形をした骨のこと。上手にほじくって(^^;食べると出てきます。ジグソーパズル気分で食べながら探してみてんしゃい。

tai01

鯛のカマ。塩焼きや煮つけにどうぞ。

tai-no-tai

鯛の鯛。目の下一尺の鯛から一寸くらいの鯛の鯛がとれますたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

ばい

ことばじりシリーズ その壱。
『うちゃ えにっきやら せんばい なつやすみのとも だけしか せんばい』
「わたしは絵日記とかつけないよ。夏休みの友しかしないよ」

「博多らくがき帖」の方で「~げな」が話題になったけん、ちょいと気分転換に「博多弁言葉尻シリーズ」ばはじめまっしょ。博多弁の特徴ちゃ何か?て尋ねられたら、意外と難しかとですが、やっぱ「ばい・たい・くさ」あたりに答えのあるっちゃなかかと思うとります。

◆本日のキーワード◆
【~ばい】~だ・~よ・~ぞ。文末にあって詠嘆の意を込めた軽い念押し語。~するわい・~するわいな・~だわいのワイの転訛か。
【夏休みの友】夏休み用の課題ノート・宿題帳。今もあるとかな?

senbai

千倍(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)