« チン | トップページ | さらとうむぎめし »

2019年12月16日 (月)

さかぼて

未収録語シリーズ四百六十五。さかぼて。

『あおあおした さらの さかぼてば どっかで みたとばってが どんさかぐらやったか いつやったか いっちょん おもいだせんとたい』「青々とした新しい杉玉をどこかで見たんだけれど、その酒蔵だったかいつ頃だったかぜんぜん思い出せないんだよ」

ボケの来よるとかもしらんですね・・・というわけで、さかぼて。

【さかぼて】酒蔵の店頭に飾る縁起物の杉玉のこと。酒林《さかばやし》。酒箒《さかぼうき》というごともあります。博多弁の「さかぼて」の由来ははっきりしませんが、個人的には酒箒の訛り、あるいは博多仁和加で使う「ぼてかづら」のハリボテが関連しとるとかな~と思うとります。

会話文に書いたごと、「どこやったかいつやったか」というのは実話でありますが、その疑問もむべなるかなで、その理由は酒蔵独自の決まりがあるからのようです。必ずしもどの酒蔵も決まった時期に・・・というわけではなく、正月、新酒の時期、蔵の改築記念といろいろのごたります。

写真は地元がなかったけん、佐賀は小城の天山。

Sakabote

|

« チン | トップページ | さらとうむぎめし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チン | トップページ | さらとうむぎめし »