« ほほら | トップページ | つらかんまず »

2019年4月29日 (月)

つくじる

未収録語シリーズ四百四十三。つくじる。

『なっとうな そげん つくじるもんやなか ほーら つっぽがして しもーたろうーが』「納豆はそんなに突きまわすものじゃないよ。ほら(容器に穴を)突き通してしまったじゃないか」

【つくじる】つつくこと。突き回すこと。言葉のなりたちは、「突く+くじる(=ねじる・えぐる・うがつ)」でしょうかね。

【つっぽがす】つくじると意味はほとんど同じですが、「つくじる」は「くじる」が主体で、こちらは「突く」が主体という感じのようです。

写真は、いまはもうたぶん造りよんしゃれんっちゃなかでしょうか。博多納豆。

Hakatanatto

|

« ほほら | トップページ | つらかんまず »

コメント

おはようございます。
>うっぽがす
博多は基本的に「うっぽがす」が多かった気がします。今はもう自分たち世代の年寄専門語になっとるようですね。
昔、武田鉄矢の博多弁映画「ちんちろまい」の中ででてきて、よそから「どげな意味ですか」て質問の来たことのありました。

>つつくる
いつものように初耳語でした。ありがとうございます。つつきまわる、つつき続ける・・・ていう意味になるとですかね。

投稿: MISTAKER | 2019年5月 4日 (土) 06時30分

平成が終わりました。30~60歳台の30年間色々な事が有り懐かしく思いだされます。ところで、うちんとこでは「つつくる」って言いますなあ。穴をあけるとは、「うっぽがす」って聞いたごたる。

投稿: jinndayuu | 2019年5月 3日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほほら | トップページ | つらかんまず »