« おいしゃんおばしゃん | トップページ | さっかけ »

2019年3月25日 (月)

さらえる

未収録語シリーズ四百四十。さらえる。
『おごっつおうな みんな ぴしゃーと さらえられとうけん そろそろ おぜんさらえ するかいなね』「ごちそうはどれもきれいに食べつくされたから、そろそろ御膳引きしましょうかね」
【さらえる】ぜんぶ取り去ること。残さず取り除くこと。一応は共通語ですが若い人はあまり使わん言葉のような気がします。辞書的には以下の通り(大辞林)。浚う渫う《さらう》。1:川・井戸などの底にたまった泥などを取り除く。「どぶをさらう」 2:すっかり取り除く。さらえる。「鍋の中をさらう」。
ただ、「御膳さらえ」の方は、「片付ける・仕舞い込む」という意味なので、すこし方言的な要素が強いとかもしらんです。


Uogashi_2

|

« おいしゃんおばしゃん | トップページ | さっかけ »

コメント

根ざらえ・・・ですか。いろいろな作業と名前があるもんですね。いつもながらのお教えありがとうございます。「たんぼ」だけ面倒みよらよかていうわけにもいかんとですね。平地は平地、山間部は山間部、あいなか辺はあいなかで「ごっちゃ」な表現が出てくるとでしょう。むずかしかこってす。

投稿: MISTAKER | 2019年4月 5日 (金) 20時28分

さらえるって言やあ若か時に山仕事の根ざらえに行きよりました。ネザライってゆうて植林した苗木のまわりの草を大鎌で刈り倒したもんですが真夏の作業で、えらくやおいかんやったとを思いだします。

投稿: jinndayuu | 2019年4月 4日 (木) 23時01分

ブログのシステムが変更になって、どうも書きづらくなったり写真挿入がうまくいかんごとなっとります。なんか不具合があればご容赦のほどを。

投稿: MISTAKER | 2019年3月25日 (月) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいしゃんおばしゃん | トップページ | さっかけ »