« おもす | トップページ | あたらほたら »

2019年3月 4日 (月)

こぐる

未収録語シリーズ四百三十七。こぐる。
『ちのわな どげんして こぐるとが いっちゃん ごりやくの あるとな』『さんべん まわって わんって ほえるったい』『また そげな ぞーたん いうてから』「茅の輪はどうやってくぐるのがいちばんご利益があるのかな」「三度まわってワン!と吠えるんだよ」「またそんな冗談言って」

【こぐる】下を通る・背をかがめて通りぬけること。潜るようにして・・・という意味合いが強いですかね。元々は当然に「くぐる」の訛り。ただ「こぐる・こぐ」には「ひっこぐ=引き抜く」の「抜く」方の意味もあります。

写真は鳥飼八幡宮の茅の輪。

Chinowakuguri

|

« おもす | トップページ | あたらほたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こぐる:

« おもす | トップページ | あたらほたら »