« 馬かっぷり | トップページ | さびくれる »

2018年7月16日 (月)

はぜつりせっく

未収録語シリーズ四百十。はぜつりせっく。
『ばばさんから はぜつりせっくやけん ぼたもち こーてきないて いわれたっちゃが、なんかいな こら』「婆さまから(はぜつりせっく)だから、ぼた餅買ってきなさいと言われたんだけれど、なんだろう、これは」

【はぜつりせっく(沙魚釣り節句)】節句祝いのひとつで八朔(旧暦八月朔日)のこと。博多部での八朔は子祝(初節句祝い)で青笹に短冊や煎餅やいろいろな玩具などをぶら下げ親戚回りをして配ったげなです(明治博多往来図会:祝部至善:石風社)。
これと同じような行事が糸島市の芥屋に「短冊とり」「風止めまつり」として今も残ってます。

写真は室見川での沙魚釣り。季節的にちょうどよく釣れはじめる頃です。

Haze02

2004年9月6日撮影分なんで、まさに八朔のころのです。まぁたいがい古過ぎる写真ばってん・・・。

|

« 馬かっぷり | トップページ | さびくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はぜつりせっく:

« 馬かっぷり | トップページ | さびくれる »