« やまかわじん | トップページ | そこまめ »

2018年4月 2日 (月)

じゅるあめ

博多の食いもんシリーズその六十九。じゅるあめ。

『まごに いっぺん じゅるあめ なめさせとったら たいがい おいしかったっちゃろ しっかり おぼえとって つぎきたときから やっさい ねだると』「孫にいちど水飴なめさせてたらずいぶんとおいしかったんだろう。しっかり覚えていて次に来たときからしきりにねだるんだよ」

そりゃあの甘さですもんね。おいしかはずです。まぁ素性の知れん最近のお菓子よか自然食品やけん歯磨きさえすりゃ、孫たちに舐めさせても害はなかでしょう。で、じゅるあめ。

【じゅるあめ】水飴のこと。地域や人によっては「じりあめ」「じるあめ」とも言いよったごたります。語源は「汁い《じるい》=水っぽい・ぬかるむ」で問題なかとやないでしょうか。

例文は自分とこでの実話。料理用にいつも大瓶を置いとるとです。

Zyuruame

|

« やまかわじん | トップページ | そこまめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66542588

この記事へのトラックバック一覧です: じゅるあめ:

« やまかわじん | トップページ | そこまめ »