« しらげる | トップページ | よこわ »

2018年2月19日 (月)

かなと

博多の食いもんシリーズその六十六。かなと。
『こげん さむーなると やっぱ ぬくいもんの たべとーなるな かなとんなべか ちゅーいりでん してんもうか』「こんなに寒くなると、やはり温かいものが食べたくなるね。かなとふぐの鍋か中炒りでもしてみようか」

【かなと】カナトフグの略でカナト。ここらの魚名方言でシロサバフグ(標準和名)のこと。他地方でもぎんふぐ・ぎんぶく・きんぶく・・・などと呼ばれとるごたります(日本国語大辞典)。

カナトの由来がどこから来たもんかはっきりせんとですが、金気《かなけ》のカナ、金銀のキンギンが方言の頭にかぶさっとるとこからすると、やっぱしシロサバフグの「表皮の色」から来とるような気がしますです。
・・・と書くと、「金《カナ》はいいとして、《ト》の説明になっとらんやろ」と突っ込みが来そうなので、もひとつこじつけ。

金砥《カナト》なんてのはどげんでしょうか。やっぱし表皮の表現で「ウロコがなくぬめって平らにつるつる金色に光っている様子」な~んて。無理やっこすぎか。

写真は「ちゅういり」。こちらに詳しく書いとるのでどうぞ~。

Cyuiri

「たたき」。

Kanato_tataki

身だけ買ーて来て家でざっと炙るだけ。ぽん酢で食べるとおいしかですよ。

|

« しらげる | トップページ | よこわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66396258

この記事へのトラックバック一覧です: かなと:

« しらげる | トップページ | よこわ »