« かがしりつく | トップページ | わがどん・わがだち »

2017年12月11日 (月)

さごし

博多の食いもんシリーズその六十四。さごし。
『さかなやに いったらくさ たちうおやら さごしやら ながかとばっかし ならんどった』「魚屋に行ったらね、太刀魚や鰆といった長い魚ばかり並んでいたよ」

ちょうど今ごろの季節、「志摩の四季」や「ふく福の里」ではそげなふうで、よう獲れる時季のごたります。筑前海では魚の春の鰆と書くより、魚の秋、もしくは魚偏に初冬と書く方が正解じゃなかでしょうか。

【さごし】鰆《さわら》の方言魚名。一般的には鰆の幼魚名とのことですが、このへんじゃ大きいともサゴシというようです。筑前国続風土記の土産考では「青箭《さごし》」という漢字があててあり、箭《せん》は弓矢の「矢」の意味があるので、青い矢ということでしょうね。また魚体(魚高)が細い(低い)ことから「狭腰《さごし》」とも書くごたります。
・・・ということは、今の魚屋さんには抜刀隊と弓矢組が揃い踏みしとるわけですね。ははは。
Sagoshi

添付図は中村学園大学図書館の電子アーカイブ「筑前国続風土記」二十九巻より拝借。次の写真は「志摩の四季」。

Sagoshi02

最後に筑前国続風土記の時代を真似て「末摘花」風に一句。「狭腰買う 妾しなやか 柳腰」なーんてくさ。

|

« かがしりつく | トップページ | わがどん・わがだち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/66103294

この記事へのトラックバック一覧です: さごし:

« かがしりつく | トップページ | わがどん・わがだち »