« ちいちいふぐ | トップページ | たてごえ。 »

2017年9月25日 (月)

とおせんばっちょ

未収録語シリーズ三百八十。とおせんばっちょ。
『こどもんあそびの とおせんぼうば なして とおせんばっちょて いうっちゃろかね ばっちょちゃ なんかいな』「子供の遊びの(通せん坊)をどうして(通せんばっちょ)と言うんだろうね。ばっちょというのは何だろう」

それがわかりゃぁ苦労はせんとです。というわけで「通せんばっちょ」。

【とおせんばっちょ】「通せんぼ」は辞書的には「通せん坊」。以下いろいろと遊び半分でばっちょ候補をずらずらと。

1:坊の訛り。
2:走りぐっちょの「ぐっちょ」みたいなゴロ合わせ語。言葉に調子つけるだけの接尾語。
3:戸口の通せん棒・閂《かんぬき》棒と考えると、棒の訛り。
4:閂棒の代わりに竹棒をつかった。竹笠=ばっちょ笠からの類推。
5:通せん罰(能古島の方言:石橋淙平)
6:唐船八丁:外国船を浜から八丁先に係留させたため(博多ことば:原田種夫)

これも外国船への「とおせんばっちょ」の一種でしょうかね。今津の元寇防塁。

Imazu00

|

« ちいちいふぐ | トップページ | たてごえ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65781299

この記事へのトラックバック一覧です: とおせんばっちょ:

« ちいちいふぐ | トップページ | たてごえ。 »