« ニオ乾し | トップページ | あらかぶ »

2017年5月22日 (月)

アオナ

博多の食いもんシリーズその五十七。アオナ。
『ふとか あおなの やすかったけん こーてった』『たっか あらんかわりにゃ じゅうぶんやもんね どげんしたっちゃ おいしかもんね』「大きなアオナが安かったから買ってきたよ」「高いアラの代わりに十分なるものね。どう料理してもおいしいものね」

あんまし馴染みがないかもしらんので最初に「アオナ」をご覧にいれときましょう。

Dekaaona_2

「志摩の四季」や「伊都菜彩」でときどき見かけます。見慣れないせいで売れ残っていたり、最初から安い値段がついていることも多いので、味を知ってる人間はいつも「しめしめ!」ですたいね。

【アオナ】標準和名はアオハタ。青というより黄ハタにしか見えんとですが、なぜか青となっとります。あの高価な(博多弁でアラ)クエに近い仲間ですからおいしくなかはずはなかとです。手前料理をずらずらと。

「刺し身」と「漬け(すり生姜・ごま・醤油・みりんなど)」と翌日の野菜あんかけ用の「素揚げ」。

Dekaaona02_2

ひろちゃん牡蠣のアヒージョとアオナで

Aona03

適当につくった名無しスパゲッティ。

Aona04

|

« ニオ乾し | トップページ | あらかぶ »

コメント

たぶん昔は市場に出んで(出しても売れん)漁師の身内で消費されよったか、あるいは捨てられよったとかもしらんです。自分は釣りで味を知っとったけん見つけりゃ買いよりました。身はプリプリでまな板に落とすと跳ねる感じがしますよ。おいしいです。

赤い(見た目がごっついカサゴ)アラカブも多少は値が上がりましたが、今でもやはり安く買えます。鯛の形や色が値付けの基本になっとるとでしょうかね。おかしな話です。

投稿: MISTAKER | 2017年5月23日 (火) 18時15分

猫「魚好き」の母に育てられたけん大概の魚ばたべたばつてんこれは知らんかつたです。写真ば見て思うたとですが、肩と胸の当たり身がよう付いていておいしかちゃなかろうか、と唾ば飲み込みました。

投稿: hanazono | 2017年5月23日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/65248286

この記事へのトラックバック一覧です: アオナ:

« ニオ乾し | トップページ | あらかぶ »