« てすりこんぼう | トップページ | みつがの・みつがな »

2017年3月13日 (月)

えぐる

未収録語シリーズ三百五十七。えぐる。
『そうたい ごぼうな こんくらい えぐらな ごぼうらしゅうなかろうが こげん えぐるけん ごぼてんでちゃ きんぴらでちゃ うまかとたい』「そうだよ。ゴボウはこれくらいあくが強くないとゴボウらしくないよ。こんなにえぐいからこそゴボウ天やきんぴらがおいしいんだよ」

【えぐる】えぐいこと。アクが強く、のどを刺激するような味や食感があること。えぐいの動詞形になるとですかね。こういう用語法があるとは知らんかったです。

ゴボウ天ときんぴら写真ば載せときます。

Agedashi_gobo02

Gyudon

ついでにもうひとつ。「きんぴら」に「おてんば娘」という意味があるとをご存知やったですか。こちらでちっとばかし能書きたれとります。

|

« てすりこんぼう | トップページ | みつがの・みつがな »

コメント

おっと自分も後編を見逃しとりました。
「里芋はえぐいもん、えぐかもんね」というぐあいに「えぐい」しか使わんやったとですが、この歳になって「えぐる」用法があるとを知ることになるけん言葉遊びはやめられんですね。

大工がほぞ穴をえぐるという「削るごとしてほがす=えぐる」は知っとりましたばってん・・・。

投稿: MISTAKER | 2017年3月20日 (月) 06時23分

同し「金平娘=おてんば」するにしても、そのときの時代々々で出来ること出来んことがあるでっしょうね。着物ば着とった時代と、スカートとスラックスズボンでは女性の動きは違ってくるけんですね。
しかし今の女子高校生のスカートやら「おてんば」せんでも見えそうです。まさに恥ずかしげもなく・・・であります。ははは。

投稿: MISTAKER | 2017年3月19日 (日) 14時21分

金平娘に気ばとられてしもうて、「えぐる」ばわすれとりました。えぐるて言う言葉はそのもので、ほかに表現のしようのなかごたあ~言葉じゃなかでしょうか。

投稿: hanazono | 2017年3月19日 (日) 14時01分

いつぺん、その「金平娘」ばしたかつたあ~。損したっ。
あっはっはあー。

投稿: hanazono | 2017年3月19日 (日) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/64920881

この記事へのトラックバック一覧です: えぐる:

« てすりこんぼう | トップページ | みつがの・みつがな »