« ばすのぬける | トップページ | のく・どく »

2016年12月19日 (月)

かて飯

博多の食いもんシリーズその五十三。かて飯。
『かしわめしも うもーて よかばってん たまにゃ ちがーか かてめし くいとーなるな』「鶏ご飯もおいしくていいんだけれど、たまには違う炊き込みご飯を食べたくなるね」

【かて飯】炊き込みご飯のこと。米に魚介、肉、野菜などを加えて炊き上げたご飯。語源は「加《か》て飯」と思いがちですが、この「かて」は博多んもんにはお馴染みの、遊びに「かっちぇて」「かたして」の「糅《か》てる=混ぜる=まぜあわせる」からでっしょうね。
混ぜるといや、「混ぜくり飯」ともいう人も居んしゃるし、「味飯」「味ごはん」「しょうゆ飯」と人や地域でいろいろんごとのあります。

たまにぜいたくして、こげな「かて飯」。栗赤飯。

Kurigohan

|

« ばすのぬける | トップページ | のく・どく »

コメント

たびたびのご訪問ありがとうございます。

こげな「かしわ」の話をしよったら、「かしわご飯」食べとーなりまして、久しぶりに炊いちゃろかと材料買ーてきたら、女房がさっさと白飯炊いとりました。がっかり。明日の晩飯にします。

そちら(日本でもそうですが)では正月の前にクリスマスがあるけん、忙しかでしょうね。両方楽しくお迎えくださいませ。

投稿: MISTAKER | 2016年12月21日 (水) 03時37分

そうですか有りますか。少しお米を入れてとつた濁り出汁のしか食べたことないです。よか「かしわ」が必要やけん家庭では難かしかですもんね。で、大抵料理屋に行き寄りました。

良いお年をお迎えください。

投稿: hanazono | 2016年12月20日 (火) 14時54分

hanazonoさん、おはようございます。
水炊き・・・ありますあります。「新三浦」や「水月」といった老舗も健在やし、「博多華味鳥」やらいう新しいチェーン店も全国向けに展開されとるようです。

ただ家庭ではどげんでしょうか。鶏ガラから炊き上げて出汁スープをとる人はもうあんまし居らんし、市販品のレトルトスープで済ませる方が多いような気もします。それから今の人の味の好みかもしらんですが、あっさりとして濁りの少ない汁で食べよるごたります。自分は骨の髄から溶けて骨粉が混じっとるぐらいの方が好いとります。

投稿: MISTAKER | 2016年12月20日 (火) 07時50分

子供ん時に遊びごとなんかに入りたかったら「うちもかたして」ってよう使いよりました。「かてめし」の意味も同じやつたとですか~。冬になると、よけいに博多のたべもんが恋しくなります、「水炊き」なんか今もありますか?。

投稿: hanazono | 2016年12月20日 (火) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/64640423

この記事へのトラックバック一覧です: かて飯:

« ばすのぬける | トップページ | のく・どく »