« かて飯 | トップページ | つがま »

2016年12月26日 (月)

のく・どく

未収録語シリーズ三百四十七。のく・どく。
『まちっとで つくけん しんねんかい はじめんのってね まーだ たべんのってよ』『うん まっとこー はじめんどく たべんどく』「もう少しで着くからクリスマス会はじめないでね。食べださないでね」「うん待ってるよ。始めないでおくよ。食べないで待ってるよ」

【のく・どく】~しないままでいる状態。否定の状態をそのまま保つこと。ここでは、「~なり+居る」、「始め「ない」まま+居る」ということでよかとでしょうか。正直いうて、文法的にはよーわからんし、説明しきらんとです。すんまっせん。

似た表現に「~のる・~どく」があります。こちらは状態を保つというより、「今は~しない」という現在だけの意思表示のごたりますね。

いよいよ押し迫ってまいりました。もう「おせち」やらの正月の準備はできとりますか?では良いお年をお迎えくださいませ。

2016osechi

|

« かて飯 | トップページ | つがま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/64646272

この記事へのトラックバック一覧です: のく・どく:

« かて飯 | トップページ | つがま »