« 石炭油 | トップページ | くさ »

2016年11月14日 (月)

損けた・損ぺた

未収録語シリーズ三百四十二。損けた・損ぺた。
『かきぼうの こげん うれるなら まちっと しいれときゃ よかったやね そんけたばい』『もうけ そこのーただけで そんぺは しとらんめえもん』「牡蠣がこんなに売れるならもっと仕入れとけばよかったよ。損をした」「儲け損なっただけで損はしてないだろう」

【損けた・損ぺた】損をすること・したこと。博多弁の基本語である「損こく」の変化形で、他にも「損け(した)」「損ぺ(する)」という言い方もあります。
この変化の由来がまったくわからんとですが、とりあえず「当てっぽす」すると、
1:「損けた」は「損こく」の過去形
2:「儲けた」の反対なら「損けた」やろ!という博多んもん独特の感覚由来
3:「損ぺた」は「損して減った」の略と訛り
4:「損けした」は「短気は損気(そんき)」との混同誤使用
などなど・・・。いいかげん推理でございますな~。

Kakibo01

岐志で殻剥きしよんしゃったです。

|

« 石炭油 | トップページ | くさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/64455745

この記事へのトラックバック一覧です: 損けた・損ぺた:

« 石炭油 | トップページ | くさ »