« どんつく | トップページ | じょうもんさん »

2016年7月18日 (月)

せっきる

未収録語シリーズ三百三十一。せっきる。
『りっぱな にわば みさせて もらおー したら せっきちゃって はいられんかった』「立派なお庭を見せてもらおうとしたんだけれど、仕切ってあって入れなかったよ」

【せっきる】締め切る。仕切ること。へだてること。「せっきり」でその隔てになる物や線。方言の由来は閉める塞《ふさ》ぐ意味の「塞・堰(せく)」と締め切りの切りか。あるいは「塞く」と「仕切り」がごっちゃになっとるような気もします。

まぁ、きれいか庭のごと見えても、人間さまの「夜目 遠目 笠の内」と同じことで、せっきりのあるけん逆に立派に見えとるとかもしらんです。

Oterasan01

|

« どんつく | トップページ | じょうもんさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63889241

この記事へのトラックバック一覧です: せっきる:

« どんつく | トップページ | じょうもんさん »