« づめ | トップページ | せっきる »

2016年7月11日 (月)

どんつく

未収録語シリーズ三百三十。どんつく。
『おっ きょうは また えらい にぎやかしかが どんつくさんの いっぱい きとんなるばいな』「おや、今日はまたずいぶんと賑やかだけど、日蓮宗の信者さんたちがたくさん集まって来ていらっしゃるんだね」

【どんつく】日蓮宗の団扇太鼓の音。どんつくさんで信者さん。同じ日蓮宗でも宗派によるとかもしれんですが、小学校時代の隣家が熱心な信者さんでよー「どんつくどんつく」と太鼓の音が聞こえてきよりました。

こうした「音」から来た方言もけっこういろいろあるごたります。糸島弁には「ちんかん山=墓場」。太宰府には「どんかん道=御神幸道」という言葉があるようです。チンカンは葬礼の鐃鉢(シンバルのような楽器)。ドンカンも道真公の葬礼を擬した御神幸の鉦や太鼓の音が由来。

P5190015

東公園の日蓮さん。

|

« づめ | トップページ | せっきる »

コメント

> 大勢が白装束で「うちわ太鼓」ばたたきながら歩きよんしゃあですか
ほんなごと昔はよー見たもんですが、今では「ありゃ何やったっちゃろか?」て思うくらいに見かけんとですよね。
時代によって信者さんの修行の方法が変化してきたとか、団扇太鼓を叩きんしゃる宗派があるいは少なくなってしもうたとやろか?とか考えとります。
うちの女房の家は日蓮宗ですが、法事んときも、お盆に来んしゃるときも「どんつく」は叩きんしゃれんです。これもな~んか懐かしい思い出になってしもうとります。今度こうした事情を住職さんに聞いてみときます。

投稿: MISTAKER | 2016年7月11日 (月) 17時14分

懐かしか~、日蓮さんの銅像。子供のとき銅像の台座のまわりの「元寇の役」の絵ば恐る恐る見て歩いたことでした。今でも日蓮宗の信者さんは、大勢が白装束で「うちわ太鼓」ばたたきながら歩きよんしゃあですか。私が子供のころは就中みたものです。

投稿: hanazono | 2016年7月11日 (月) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63880786

この記事へのトラックバック一覧です: どんつく:

« づめ | トップページ | せっきる »