« ちんだはんだ | トップページ | づめ »

2016年6月27日 (月)

ぐり

未収録語シリーズ三百二十八。ぐり。
『すなはまい こげん ぐりば しきならべりゃ きす つり できらせんがね』「砂浜にこんなに割り石を敷き並べればキス釣りはできやしないよ」

沖の海砂採取がひどく白砂青松の砂浜が侵食されているの防ぐ手段なんでしょうが皮肉なもんです。とある唐津方面のキス釣りの第一ポイントの実話です。

【ぐり】共通語では「割り石」とか「割りぐり」というようですが、当地では単なる「ぐり」か「ぐり石」でしょうか。砂利よりも大きく(10~15cmくらい)基礎工事などに使われとります。石の形が栗に似ているせいか、栗石と書かれることも多いようです。言葉の由来はそのへんから来た言葉のようにも思えますが、個人的には、石の表面をえぐりとる意味の「刳る《くる》」に一票入れたいですね。

Guri01

こういう使い方もあるとですね。

|

« ちんだはんだ | トップページ | づめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63797654

この記事へのトラックバック一覧です: ぐり:

« ちんだはんだ | トップページ | づめ »