« よこいどり | トップページ | ぐり »

2016年6月20日 (月)

ちんだはんだ

未収録語シリーズ三百二十七。ちんだはんだ。
『なんか その こうしんな そげん ちんだはんだじゃ わらわるーぞ』「なんだよ。その行進は。そんなに不揃いじゃ笑われるぞ」

まぁ自分なんかは逆に甲子園での昔ながらの軍隊式を感じさせるような入場行進の方が気になるとですよね・・・というわけで

【ちんだはんだ】不揃い。ちぐはぐなこと。言葉の由来として身体の障害に対する差別語からという説。ちぐはぐの単なる訛りという考え方もできそうです。

あとはいつもの「へっぱくBLOG」流。駄《だ》という言葉には、馬一頭が担うことができる嵩《かさ》や重量という意味があるので、「賃駄(駄賃で駄荷の料金)にならぬし半駄にしかならぬ」・・・なーんてくさ。かなり無理なコジツケになりました。

【千駄焚き《せんだだき》】千駄分の薪や松明を集め山頂などで燃やす「雨乞い」行事のこと。

Takimon

|

« よこいどり | トップページ | ぐり »

コメント

jindayuuさん、こんばんわ。
いらくらめ・・・に、チンラハンラですか。博多よりもちっと「かろのうろん屋」風の発音する人が多かとでしょうかね。

自分は今ではあんまし「だ→ら」には訛らん方ですが、こまかころは「ランロセル」ちゃ言いよった気もします。

糸島もだんだん街になってきよーけん、方言も減っていくとは間違いなかごたりますね。

投稿: MISTAKER | 2016年6月27日 (月) 22時20分

hanazonoさん、こんばんわ。

> 仕上がりの見かけば気にしんしゃれんけん
ははは。テレビドラマやらでも、よー「クッキー焼き」は出てきよるごたりますが、たしかに大きかとやら小さかとやら・・・。まぁ手づくりしんしゃぁだけ良かとやないですか。ただたしかに「手が器用」やなかとかもしらんですね。それに手も太かろうし・・・。

日本でも落雁やら干菓子の木型を作る職人さんの居らんごとなって来た・・・という記事をつい最近読んだ気がします。

投稿: MISTAKER | 2016年6月27日 (月) 22時07分

糸島です。今でも使うとですが、チンラハンラって使います。

投稿: jindayuu | 2016年6月27日 (月) 20時26分

カナダは日本と違いお菓子をはじめ出来合いの食べ物なんかあんまり無かとです。それでクツキーなんかも自家製がほとんどで、人人はあんまり仕上がりの見かけば気にしんしゃれんけん、もう見事に「ちんだはんだ」のサイズです。

投稿: hanazono | 2016年6月27日 (月) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63781254

この記事へのトラックバック一覧です: ちんだはんだ:

« よこいどり | トップページ | ぐり »