« ちょっきりかける | トップページ | 甲貝 »

2016年4月18日 (月)

どひょうがん

未収録語シリーズ三百二十二。どひょうがん。
『うちんしたん むすこんこな どひょうがんの おおぐらいばってん たいがい やせこつでくさ なして みにつかんっちゃろね』「うちの下の息子はとてつもないくらいの大飯喰らいだけど、ひどい痩せっぽちだよ。どうして身につかないんだろうね」

【どひょうがん】とてつもない、突拍子もないこと。常識はずれ、図抜けての意味。由来は二つほど考えられるごたります。ただどちらも語尾が「がん」じゃなくて「かん」なんですけどね。まずはとりあえず、
1)度(外れ)剽悍(どひょうかん):並外れて強くたくましいこと。
2)斗柄漢(とひょうかん):途方もないくらいの漢(おとこ)。

これくらい大飯喰らいです・・・なーんてくさ。

Okomecyusen

|

« ちょっきりかける | トップページ | 甲貝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63420736

この記事へのトラックバック一覧です: どひょうがん:

« ちょっきりかける | トップページ | 甲貝 »