« おかお | トップページ | こずむ »

2016年3月28日 (月)

けそけそ

未収録語シリーズ三百十九。けそけそ。
『おまゃぁ なんば そげん けそけそ しとるとかい うしろめたかことでん あるっちゃなかか』「お前は何をそんなにそわそわしているのか。後ろめたいことでもあるんじゃないか」

【けそけそ】こそこそ・そわそわ・ 挙動不審・落ち着かない様子。また「けそけそ」やないで「きょそきょそ」を使うお人や地域もあるごたります。

これは福岡全域で使われとる方言なので、地元の方であれば皆さんご存知やなかでしょうかね。ところがですね、ところがどっこいなんですよ。実は自分も気づいてなかったんですがこの言葉を辞書で引くと、
【けそけそ】恥じたり反省したりする様子もなく平然としたさまを表す語(精選版日本国語大辞典)・・・と意味がまったく逆転しとるとですね。面白かでしょ。
こちらの平然とした方の「けそけそ」は使ったことも聞いたことはなかけん、いろいろと逆転の理由を探りよるとですが、ぜ~んぜんわかりません。
とりあえずは、落ち着かない方の「けそけそ」の由来になりそうな言葉をいくつか書いておきます。「けそ=軽率」「けそ=懸想(恋をして落ち着かない)」「けそ=挙措(立ち居振る舞い)」。この、それぞれの「けそ」が二つ重なって擬態語化したとも考えられそうです。

ついでに「けそけそ」絡みで見つけた言葉をいくつか追加しときます。
【こそこそ三里】内証話はすぐに漏れて拡がりがちであること。
酒屋へ三里豆腐屋に二里】それだけ不便な田舎ということ。
【小便一町糞一里】連れだって歩く時、大小便のために相方が甚だしくおくれること・・・げなです(以上広辞苑から)。

Ichirizuka

写真は福岡城から前原道への藤崎一里塚。

|

« おかお | トップページ | こずむ »

コメント

まぁ親の子に対する小言や決まり文句みたいなもんやけん、自分やら毎日のごと言われよったごたります。hanazonoさんはお子さんのときから落ち着いとんしゃったとでしょう。それであんまし注意されんやったっちゃなかですか。
博多じゃまだ通じる方言のような気もしています。

投稿: MISTAKER | 2016年3月30日 (水) 14時28分

なんばそげん「けそけそ」そうつき回りようとな。
こげな使い方ばしよつたごたあですが、はつきりとおぼえとらんです。「けそけそ」は耳の奥に残つとるような気がするとですが。

投稿: hanazono | 2016年3月30日 (水) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63357520

この記事へのトラックバック一覧です: けそけそ:

« おかお | トップページ | こずむ »