« ひかんびん | トップページ | ぞうたん »

2016年2月 1日 (月)

はざ

未収録語シリーズ 三百十一。はざ。
『こげん みっしり たねまかんで はざ あけとかにゃ これやと たいがい まびかな いくめえたい』「こんなにみっしりと種を蒔かないで隙間を空けておかないと。これだとずいぶんと間引かないといけないよ」

【はざ】間隔・隙間・間をあけること。間引くこと。農家用語で「間引き菜」そのものをさすことも多いようです。「はざ」は「狭間」由来の言葉。
おなじ博多弁の「はざかる」は隙間に挟まること。「はざぐい」は間食のこと。「間引き菜」については個人的にまったく知らんし、わからん言葉やったけん資料から丸写ししときます。

【間引き菜】大根や蕪、菜類は秋の初めに種を蒔くが、間もなく密生するので、貝割菜が開いてから、一週間から十日ごとに間引いて、最後に一本を残す(角川俳句大歳時記)げなです。

Hamakubo_soba05

写真は小松菜。りっぱに出来とりますね。

|

« ひかんびん | トップページ | ぞうたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/63124696

この記事へのトラックバック一覧です: はざ:

« ひかんびん | トップページ | ぞうたん »