« じきろ・じきろう・じきりょう | トップページ | かたいし »

2015年9月 9日 (水)

がぜ

未収録語シリーズ 二百九十二。がぜ。
『こんまえ いとしまん しまんしきに かいすいぱっくで およぎよる がぜの うりよったばい』『へーそーな りょうしさんも いろいろ あたらしかこつ けんきゅう しよっちゃな』「この前、糸島の志摩の四季に海水パックで泳ぎよるウニが売っていたよ」「へえそうかい。漁師さんもいろいろと新しいことを研究しているんだね」

【がぜ・かせ】ウニの古称。古い言葉がそのまま残っとるとのごたーですね。なんでも「凡そ北の海に捕るくさぐさの物は・・・ウニ・カセ」という一節が出雲風土記(733年)にあるげなです(日本国語大辞典精選版)。ただ「ガゼウニ」という二重表現もあるので、この場合はもしかするとウニの一種類を指しているのかもしれません。この件は調査不足で詳細不明。
【志摩の四季】糸島市の(主として海産物の)産直市場。週一くらいで通いよります。
【泳ぎウニ】自分が勝手に命名しとるだけで、普通は塩水ウニや海水ウニと呼ばれとるようです。ミョウバンを使っていないので新鮮で無添加自然食品的人気があるようです。個人的には水切りが必要なので少し面倒かなという感じがしています。好みでしょうかね。

Oyogiuni02

|

« じきろ・じきろう・じきりょう | トップページ | かたいし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/62245942

この記事へのトラックバック一覧です: がぜ:

« じきろ・じきろう・じきりょう | トップページ | かたいし »