« がぜ | トップページ | ねこじんしゃく »

2015年9月14日 (月)

かたいし

未収録語シリーズ 二百九十三。かたいし。
『おじゃみ つくっちゃるけん けむしい かじられんごと かたいしん われたとば ちぎって きない』「お手玉つくってあげるから、毛虫に噛まれ(刺され)ないように、椿の実(の殻)が割れたのをもいできなさい」

【かたいし】椿の実。またはその実が割れてでてきた種子。
【おじゃみ】お手玉のこと。お手玉名人(にみえた)の姉は、ジュズダマは軽すぎてやっぱし小豆がいちばん投げやすく取りやすいと言いよりましたが、椿の種のおじゃみで遊んだことはあったっちゃろか。機会のあったら今度聞いときます。ちなみに「ジャミ」は小粒・雑魚・小さなものという意味。
【毛虫】椿の木には「チャドクガ」がとくにつきやすいようですね。

Kataishi

|

« がぜ | トップページ | ねこじんしゃく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/62279132

この記事へのトラックバック一覧です: かたいし:

« がぜ | トップページ | ねこじんしゃく »