« ねば | トップページ | おおばんげ »

2015年2月19日 (木)

くろちがよる

未収録語シリーズ 二百六十五。くろち。
『くろぢの よっとるが そんては どげんしたとな ねぶとな』『うんにゃ げんかんどに はさんでしもーて ちまめいなっとる』「黒血が寄っているけど、その手はどうしたんだい。できものかい」「いいえ違う、玄関引戸に挟んでしまって血豆になったんだよ」

【くろちがよる(黒血が寄る)】黒い血が集まっている状態。黒血は黒ずんだ血で、おできなどで膿んだ血や血豆のこと。悪血(あくち・わるち)とも言うごたりますね。

Torokusun

写真は同じ豆でもおいしか豆。とろくすん(十六寸と書いて白いんげん豆のこと)。

|

« ねば | トップページ | おおばんげ »

コメント

> きょうのお題はずーっと前んうちの記事で、なんか言うたろ
ありゃそげんやったですか?自分もよーと覚えとらんとです。すんまっせん。重なったとかもしらんですね。
肥後弁事典の「黒じみ=青じみ」のこととはまた違うとでしょ。もう最近はすっかり物覚えの悪ーなってきとります。

投稿: MISTAKER | 2015年2月20日 (金) 18時08分

>くろちがよる
きょうのお題はずーっと前んうちの記事で、なんか言うたろ。はっきり覚えとらんばってん。
ちごとったらあとで削除して下さい。

投稿: リリー姫 | 2015年2月20日 (金) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/61160812

この記事へのトラックバック一覧です: くろちがよる:

« ねば | トップページ | おおばんげ »