« あがきたがき | トップページ | ひいちんち »

2014年7月21日 (月)

あげてうつ

未収録語シリーズ 二百四十二。あげてうつ。
『そげな ひびざら われじゃわんな いりめえもん たいげえで あげてうたな』「そんなヒビの入った皿や割れた茶碗はいらないだろう。いいかげん放り捨てないと」

さて、本日の「あげてうつ」。まったく知らん言葉だったんで、例えの会話文も正しいとかどうかはっきりせんとですよ。使い方の違っとったらご容赦。

【あげてうつ】放り捨てる。投げ捨てること。
「博多方言:原田種夫:文林堂:昭和31年発行」という方言集を読みよりましたら、こげな一行(スキャンして画像化しとります)が目に入りました。

Houru00

「あげてうつ」という言葉も知らんし、下から二番目の漢字も読めんとですよね。もちろん意味もわからんです。で、google日本語入力の「手書き文字」で認識させると、やっと読めました。

Houru01

さて、読みと意味がわかれば次は語源ですね。「あげてうつ」という方言がなぜ「抛(ほう)る=なげうつ=投げ捨てる」になるのかを考えてみました。

「上げて+うつ」。野球のノックじゃなかろうもん!というツッコミが来そうですが、抛物線という意味ではなんとなくわかります。OK。「掲(かか)げて+うつ」。見せしめ、確認させておいて捨てる・・・イマイチですか。
「うつ=打つ・討つ・撃つ」には投げる、(身を)なげだす。すてる。「棄(う)つ」もありますね(広辞苑)。
と、以上のような解釈もできそうですが、あまりに口語体というか現代文ふうで方言らしくなかな~という感じ。

まぁここはすんなりと「抛(なげう)つ」のNAGEUTSUからN音の脱落と考えた方がよさそうです。もっともAGETEUTSUのTEがどこから入って来たかという宿題はありますが・・・。

ちなみに漢字源に・・・もとの字は「手+尤(手が曲がる)+力」で曲線をなして曲がるように物をほうりなげること・・・とありました。最初の一行画像と同じで見た目の通りで九じゃなかったとのごたりますね。昭和三十年代(発行本)にはまだこういう活字があったということでしょうか。

|

« あがきたがき | トップページ | ひいちんち »

コメント

> 大婆も惚れるような好青年ですもんね。
ははは!そげんです。
自分の知り合いにもご亭主そっちのけで恋人みたいに想うとる(還暦?)女性がおります。
こちらでは明日(日本時間)朝8時くらいからヤンキース戦が放送されます。くたばれヤンキース!でありますね。

投稿: MISTAKER | 2014年7月25日 (金) 07時28分

テレビ放映の時に目ば皿のようにして、「ムネー」て応援しようとです。大婆も惚れるような好青年ですもんね。!
もう少し打つてくれたらなあー、守備は上手なんやから。

投稿: hanazono | 2014年7月25日 (金) 03時43分

hanazonoさん、おひさしぶりでした。お元気ですか。
この「あげてうつ」も「抛(ほう)る」も知らん言葉やったんで、まったくもって「当てっぽす」で会話文をでっちあげました。実はまだ調べのついとらん死語やら消滅寸前語はいっぱいあるとですが、なかなかそこまで手が回らん状態です。

で、抛るやないで球を放る方の話ですが、鹿児島出身で元福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則という選手がTorontoブルージェイズのレギュラーで活躍しよります。テレビなんぞで見る機会のあったら応援してやってください。

投稿: MISTAKER | 2014年7月24日 (木) 16時10分

貧弱な脳みその貯蔵容量に入りきつとらん博多弁の多いとに我ながらびつくりしようとです。面白かですねー。昔はどげな言葉ば話しよんしゃつたとやろうか。?一辺聞いてみたかあー。

投稿: hanazono | 2014年7月24日 (木) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112121/60019065

この記事へのトラックバック一覧です: あげてうつ:

« あがきたがき | トップページ | ひいちんち »